事件を見にゆく / 【大阪難波区】姉妹殺人放火事件
リロード  新規  編集  凍結  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 



LINEで送る
Counter:15006
Today:1
Yesterday:0
Now:5

【大阪難波区】姉妹殺人放火事件→note?

u.jpg
  • 女性2人死亡、胸に刺し傷 大阪市のマンション火災 2005/11/17日午前3時40分ごろ、大阪市浪速区塩草のマンションで火災があり、 駆け付けた消防隊員が刃物で刺された傷がある女性2人を室内で発見、病院に搬送したが2人とも死亡が確認された。 同室に住んでいた27歳と19歳の姉妹とみられ、浪速署が身元の確認を急ぐとともに、殺人事件とみて現場の詳しい状況を調べている。火は消防が間もなく消し止めた。 調べでは、2人は胸や腕などに複数の傷があった。玄関はカード式の鍵で施錠され、 1人はベッドの上、もう1人は床の上に倒れていた。着衣に乱れはなかった。 同日午前3時ごろ、マンション住民が「助けて」「キャー」という女性の悲鳴や、どすんという物音を聞いたという。 kyodo
  • 姉妹が胸刺され死亡、放火…大阪のマンション
    • 17日午前3時40分ごろ、大阪市浪速区塩草2、マンション「UB21難波28」(10階建て)401号、飲食店従業員上原明日香さん(27)方から出火。約67平方メートルの同室のうち約5平方メートルを焼いて消し止められたが、室内で明日香さんと、同居の妹、千妃路(ちひろ)さん(19)が血を流して倒れており、間もなく死亡した。2人の胸などに刺し傷などが多数あったことから、大阪府警捜査1課は殺人事件として、浪速署に捜査本部を設置した。
    • 調べでは、消防隊員が駆け付けた際、カードキー式の玄関ドアは施錠されていた。エンジンカッターでドアを破って部屋に入ったところ、室内には煙が充満。明日香さんは、計2部屋のうち玄関側の部屋にあるベッドの上で、千妃路さんは、その下の床上で、それぞれあおむけに倒れていた。
    • 発見時、明日香さんはヨットパーカとジーパン、千妃路さんはTシャツとジーパン姿。2人とも左胸に致命傷とみられる深い刺し傷があった。明日香さんは左ほおや左腕、千妃路さんは右ほおや右腕にもそれぞれ切られるなどしたとみられる傷があった。玄関から居室へ続く廊下に凶器とみられる文化包丁(刃渡り16・5センチ)が落ちていた。
    • 室内に物色の跡はなかったが、明日香さんの財布に現金が残っていなかった。奥のソファ付近がよく燃えていたことから、殺害後に放火して逃走したとの見方を強めている。
    • 玄関ドアは、外から施錠する際にはカードキーが必要だが、室内には明日香さんのカードキーが残されていた。
    • 明日香さんは、この日は午前1時ごろまで勤務し、同1時半ごろに帰宅した。同2時過ぎにマンションの複数の住民が「キャー」という悲鳴とドスンという物音を聞いており、府警は明日香さんらが帰宅直後に襲われたとみている。 現場は、大阪・難波の繁華街に近く、ワンルームマンションが多い。 (読売新聞) - 11月17日

経 過

  • 姉妹殺害現場 - 大阪市浪速区塩草2
  • 日時:2005/11/17
  • 場所:大阪市浪速区塩草のマンション「UB21難波28」401号
  • 凶器:文化包丁(刃渡り16・5センチ)
  • 着衣に乱れなし.本籍:奈良
  • 2人の財布には現金なし
  • 千妃路さんは、約1ケ月前、姉の明日香さんのマンションに移り住んだ.マフラーを着けたまま.
【2005/11/17】
1:30 ラウンジから自転車で帰宅(1Km)
2:30 悲鳴←侵入か?
3:40 死亡推定時刻
3:35 ソファカバー放火・逃走か?
3:40 出火(火災警報で階下の男性が気づきドアを叩く)
被害者年齢死因服装死体場所
上原明日香27左胸刺殺・殺失血死ヨットパーカ・ジーパンベットの上
上原千妃路19左胸刺殺・殺失血死Tシャツ・ジーパン

裁 判

(2007-06-02 (土) 15:30:24)

  • 2006/12 [大阪地裁]死刑判決
  • 2007/05 山地悠紀夫被告(23)は07/01日までに、弁護側の控訴を取下.死刑確定.
  • 2009/07/28[大阪拘置所]死刑執行.25歳没.

タオル2本 強盗か

(2005-11-18 (金) 05:15:04)

廊下にあった凶器とみられる文化包丁のそばで、返り血をぬぐったとみられるタオル2本。

 千妃路さんは、明日香さんが勤める大阪・ミナミの飲食店近くにある別の飲食店で働いており、17日午前1時半ごろ、明日香さんの店から姉妹一緒に自転車2台で帰宅する姿が目撃されていた。司法解剖の結果、2人は同2時半ごろに出血死したとみられる。千妃路さんは発見時、ジャンパーを羽織り、マフラーを首に巻いたままだった。

 明日香さんは昨年から何度か、知人に「帰宅中に男につけられ、怖い思いをした」と話していたという。
(読売新聞) - 11月18日3時10分更新

  • 遺留品が燃えないで残っているから逮捕は早いはず... -- 2005-11-18 (金) 05:16:24

追 記

  • 「担架で女性が運ばれていくのを見たが、胸のブラウスに血が染まっていて、もう1人は頭にけがをしていた」
  • カードがないとカギもかけられない.ふーん.
  • 出入口は、暗証番号.姉のカードあり.賃貸していて、まだ自分が管理しているようなマンションだな.客を信用していない管理方法だ.
  • 姉、5年間住んでいた.
  • 4年半ミナミで水商売、経営者とブライダル会社経営予定?
  • 調べでは、放火されたソファのカバーは燃えやすい布製で、着火後、天井の感知器が作動するまでは5分以内とみられる。非常ベルが鳴ったのは17日午前3時40分ごろで、犯人はこの直前に放火して逃走したらしい。一方、姉妹の死亡推定時刻はいずれも同2時半ごろ。マンション住民が同2時過ぎに姉妹とみられる女性の悲鳴を聞いており、府警は、そのころに犯人が部屋に侵入、2人を襲ったとみている。 (読売新聞) - 11月19日
  • 大阪市のマンションで上原明日香さん(27)、千妃路(ちひろ)さん(19)姉妹が刺殺され、室内が放火された事件で、 明日香さんが事件前日の16日、実家の家族に「トラブルがあって困っている。相談したい」と不安を訴えるメールを 送っていたことが20日、大阪府警浪速署の捜査本部の調べでわかった。 この日未明には、姉妹の部屋付近をリュックサックを背負った不審な男がうろつき、室内の電気が消えるトラブルが 起きていたことが判明しており、府警は事件との関連を調べている。 調べでは、明日香さんが携帯電話でメールを送ったのは、16日の昼間。トラブルの具体的な内容には触れていなかったが、 文言から、かなり強い不安を覚えていたと府警はみている。 別の店で働いていた千妃路さんも知人に同様の不安を訴えており、事件の直前、2人は身の危険を感じて一緒に帰宅したとみられる。 一方、姉妹の室内から見つかった文化包丁には血液反応がなく、府警は凶器が持ち去られたと断定した。 YOMIURI ONLINE /news/20051121i301.htm
  • 事件前夜に配電盤を操作 大阪姉妹殺害事件 2005年11月22日 (火) 06:04 Asahi 大阪市浪速区のマンションで姉妹が殺害され、部屋に放火された事件で、事件前日の16日未明に起こった姉妹宅の停電は、何者かが室外の配電盤を少なくとも計3回にわたり操作したためだったことが府警の調べでわかった。停電の際、姉の上原明日香さん(27)が配電盤付近で不審な男を目撃し、事件前後にも複数の住人が似た男をマンション内外で見ていることから、府警は似顔絵を作製し、男の特定を急ぐ。 浪速署捜査本部の調べでは、操作されていたのは、姉妹宅と同じフロアの階段付近にある集合配電盤。関西電力難波営業所の記録によると、16日午前4時9分、上原さん宅から「突然家の中の電気が消えた」と電話があった。社員が姉妹宅に向かう準備をしていたが、3分後に「電気がついた」と連絡があり、いったん出動を取りやめた。
  • (2005年11月20日10時56分 読売新聞)明日香さんは同日夜、勤務先の飲食店で、客に「リュックの変な男につけられている。刺されて死ぬかも」と冗談めかして話していたという。  一方、16日午後10時ごろから犯行時間帯の17日未明にかけて、リュックを背負い眼鏡をかけた男がマンション内の廊下などをうろつく姿が住人に目撃されているほか、14〜15日ごろにも目撃情報があるという。
  • 大阪市浪速区のマンションで11月17日、姉妹が刺殺され、室内が放火された事件に絡み、大阪府警浪速署の捜査本部は5日未明、隣接する食品会社への建造物侵入容疑で指名手配していた住所不定の無職男(22)山地悠紀夫を逮捕した。 調べによると、隣接する食品会社の建物の配水管などから男の指紋が検出された。男は、事件の約1週間前から数日間、マンションの知人宅で暮らしており、事件前日から相次いで目撃されたリュックサックを持った眼鏡の男にも酷似していると、複数の住民が証言した。 府警は、男が事件について何らかの事情を知っている疑いがあると判断し、建造物侵入容疑で指名手配していた。 (読売新聞) - 12月5日
  • 毎日実名付記 山地悠紀夫
  • 無職男は16歳の時、母親を金属バットで殴り殺し、2年前まで中等少年院に収容されていた。ZAKZAK
  • 2000/七月二十九日夜、山口市内の新聞配達の少年(一七)が母親(五〇)を金属バットで殴って殺害した事件で、山口地検は二十一日、少年を 「刑事処分相当」の意見を付けて山口家裁に送致した。殺害の直接の 動機は、少年が交際していた二十代の女性をめぐり、母親と口論に なったことだった。  調べに対し、少年は当初、「母親が抱えていた借金をめぐって母親と 口論になり、かっとなってやった」と供述していた。 しかし、その後の調べで、母親が少年と交際していた二十代の女性の 携帯電話に何度も無言電話をかけ、このことを母親にとがめたところ 口論になった。借金問題などでたまっていた母親への不満が爆発、 殺害したことが分かった。少年はバットで殴る前に、母親を押し倒して 顔や腹部を数回けっていた。(産経2000/08/22)
    • 朝日新聞配達員、父親は五年前(1995)に死別して祖母が老人ホーム.
  • 山地容疑者は11月17日午前2時半ごろ、浪速区塩草2のマンション(10階建て)4階の姉妹宅で、帰宅した姉妹の胸や顔などを果物ナイフ(刃渡り約12センチ)で刺して殺害。封筒に入った千妃路さんの1日分の給料約5000円、明日香さんの小銭入れとライター(計1500円相当)を奪った疑い。  山地容疑者は今月5日の逮捕時、小銭入れと500円硬貨約40枚を含む現金2万数千円を所持していた。明日香さんが500円玉を貯金箱でためていたことから、捜査本部がこれらの入手先を追及したところ、姉妹殺害を認め「事件に使ったナイフは神社に隠した。衣服はコンビニなどのゴミ箱に捨てた」と供述した。ナイフはハンドタオルにくるんだ状態で、供述通り現場近くの神社境内の倉庫から見つかった。(毎日新聞) - 12月20日0時55分
  • 今週内に山地容疑者を強盗殺人容疑で再逮捕.山地容疑者が逮捕時に所持していた小銭入れが、色や模様などから明日香さんのものと同一の可能性が極めて高いことが判明。姉妹の部屋から、明日香さんがためていた500円硬貨用の貯金箱がなくなっている一方で、山地容疑者が500円硬貨約40枚を持っていたこともわかった。(読売新聞) - 12月19日
  • 姉妹のほおに殺害後に刺されたとみられる深い刺し傷.封筒に入った約2万円が残されていた.(読売新聞) - 12月21日
  • 2006/112/13午前 [大阪地裁並木正男裁判長] 山地悠紀夫被告(23)に死刑。傍聴席に、父・和男さん(57)。被告は水色と茶色のチェックのシャツにカーキ色のズボン姿。裁判長は判決後、「遺族の悲しみはどれほどかをもう一度考え、幼いころの人間性や家族との温かい交流を思い起こし、遺族の苦しみの万分の一でも理解してほしい」と説諭。
  • 説諭しても更正の見込みないから死刑判決をだしたんでしょ。そんな暇があるなら遺族と被害者に裁判官自体が畏敬・遺憾の言葉をかけるべき。

note?
現在のページ  以下に
ページ新規作成:


リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ 改名 copy   ヘルプ   最終更新のRSS