日本書紀 / 昭和天皇
リロード  新規  編集  凍結  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 



LINEで送る
Counter:1618
Today:1
Yesterday:0
Now:5

ニニギノミコト / 孝謙天皇 / 持統天皇 / 昭和天皇 / 神功皇后 / 神武天皇 / 聖徳太子 / 斉明天皇 / 長屋王 / 天智天皇 / 天武天皇

昭和天皇

syouwa.jpg
  • 1901年(明治34年)4月29日〜1989年(昭和64年)1月7日
  • 在位期間  1926年12月25日-1989年01月07日
  • 御名・異称
    • 日本の第124代天皇。名は裕仁(ひろひと).
  • 略年譜
  • 1901年(明治34年)4月29日大正天皇と貞明皇后の第一皇子として青山の東宮御所に誕生.称号は迪宮(みちのみや).生後70日で枢密顧問官の伯爵川村純義に預けられ、沼津御用邸で養育.
  • 1914年(大正3年)3月、学習院初等科御卒業.4月、陸海軍中尉任官.
  • 1921年11月25日、20歳で摂政に就任する(摂政宮と称される).
  • 1923年(大正12年)10月、陸海軍中佐昇任.12月27日、虎ノ門付近で無政府主義者の難波大助に狙撃されるが、命中せずに命を取り留める(虎ノ門事件).
  • 1924年(大正13年)に久邇宮良子女王(のちの香淳皇后)と結婚.
  • 1926年(大正15年)12月25日大正天皇の崩御(死去)により践祚し、昭和に改元.第124代天皇及び陸海軍大元帥.
  • 1946年1月1日:人間宣言  年頭の詔書、天皇の神格を否定.
  • 1989年(昭和64年)1月7日・午前6時33分、十二指腸乳頭周囲癌により崩御、87歳.
  • 配偶者
    • 1924年(大正13年)に久邇宮良子女王(のちの香淳皇后)と結婚.
  • 御 父
  • 大正天皇
  • 御 母
    • 貞明皇后
  • 皇子女
    • 照宮成子内親王(てるのみや しげこ、1925年(大正14年)12月6日〜1961年(昭和36年)7月23日) - 東久邇宮盛厚王妃
    • 久宮祐子内親王(ひさのみや さちこ、1927年(昭和2年)9月10日〜1928年(昭和3年)3月8日)
    • 孝宮和子内親王(たかのみや かずこ、1929年(昭和4年)9月30日〜1989年(平成元年)5月26日) - 旧:公爵鷹司平通夫人
    • 順宮厚子内親王(よりのみや あつこ、1931年(昭和6年)3月7日〜) - 旧:侯爵池田隆政夫人
    • 継宮明仁親王(つぐのみや あきひと、1933年(昭和8年)12月23日〜) - 第125代天皇・今上天皇
    • 義宮正仁親王(よしのみや まさひと、1935年(昭和10年)12月28日〜) - 常陸宮
    • 清宮貴子内親王(すがのみや たかこ、1939年(昭和14年)3月2日〜) - 島津久永夫人
  • 皇 居
    • 昭和44年(1969年)に皇居新宮殿が完成
  • 陵 墓
    • 東京都八王子市長房町の上円下方墳の武蔵野陵(むさしののみささぎ)

天皇機関説問題

  • 1935年、天皇機関説が排撃.美濃部(旧都知事の父親)は東大を追われる.
  • 昭和天皇は侍従武官長・本庄繁に「美濃部説の通りではないか。自分は天皇機関説で良い」. 昭和天皇が帝王学を受けた頃には憲法学の通説.「美濃部は忠臣である」と述べていた.

富田朝彦メモ事件

syouwa02.jpg
  • 昭和天皇が1988年、靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)に不快感を示す発言をしていたとする当時の宮内庁長官、富田朝彦氏(故人)が書き残したメモがあることが関係者の話で20日、分かった。日本経済新聞が同日付朝刊で報じた。昭和天皇は78年にA級戦犯が合祀されて以降、同神社に参拝していない。メモは、明確になっていないその意図を探る貴重な資料であるとともに、小泉純一郎首相の靖国参拝にも影響を与えそうだ。 関係者によると、富田氏は同庁次長時代を含め、昭和天皇との会話を手帳などに書き留めていた。靖国発言のメモは88年4月28日付。昭和天皇は「私*1は或(あ)る時に、A級が合祀され、その上、松岡、白取までもが」「だから私あれ以来参拝していない。それが私の心だ」などと語ったと記されている。  「松岡」「白取」はA級戦犯としてまつられている松岡洋右元外相、白鳥敏夫元駐イタリア大使を指すとみられる。またメモには「松平の子の今の宮司がどう考えたのか、易々(やすやす)と。松平は平和に強い考(え)があったと思うのに、親の心子知らずと思っている」などの記述もあった。  「松平」は最後の宮内大臣の松平慶民氏(故人)、その「子」は長男でA級戦犯合祀をした当時の松平永芳宮司(同)とみられる。  昭和天皇は戦後、靖国神社を八回参拝し、75年11月が最後だった。現在の天皇陛下は89年の即位以降、参拝されていない。 ttp://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20060720-63381.html
  • 06/07/21 当時の陛下は政治的発言は控えていたし面識のない警察官僚あがり*2にそんな話をすればどういう影響が出るかまた何をしに宮内庁に来ているかご存知のはずである.小泉靖国参拝をにがにがしくおもう人々がデッチあげた記事だろう.薩尾文相*3か富田朝彦本人(徳川侍従長発言とする説もあり*4)の発言を陛下がしたように報道している...日経のスクープということにしているが確かにわかりづらい↓

                63.4.28 〔■〕                  4.28 〔4〕

☆Pressの会見                     前にあったね どうしたのだろう

[1]  昨年は                       中曽根の靖国参拝もあったか

  (1) 高松薨去間もないときで           藤尾(文相)の発言.

    心も重かった                 =奧野は藤尾と違うと思うが

  (2)メモで返答したのでつく            バランス感覚のことと思う

   していたと思う                   単純な復古ではないとも.

  (3) 4:29に吐瀉したが その前で

   やはり体調が充分でなかった         私は 或る時に.A級が

  それで長官に今年はの記者          合祀され その上松岡.白取

  印象があったのであろう             までもが、

  =(2)については記者も申して           筑波は慎重に対処して

  おりました                      くれたと聞いたが

                           ○   松平の子の今の宮司がどう考

[2]  戦争の感想を問われ          余そ えたのか 易々と

  嫌な気持を表現したが           り う    松平は平和に強い考が

  それは後で云いたい            閣で  あったと思うのに 親の心子知

   そして戦後国民が努力して        僚す  らずと思っている

  平和の確立につとめてくれた       もが   だから 私あれ以来参拝

  ことを云いたかった             知か  していない.それが私の心だ

 "嫌だ"と云ったのは 奥野国土庁長    ら多

  の靖国発言中国への言及にひっかけて ずい ・ 関連質問 関係者もおり批判になるの意

  云った積りである

  • 1988/04/12 毎日新聞東京夕刊 9頁 徳川侍従長退任会見(1)
     宮中の生き字引、尾張徳川家の血筋、学者肌、頑固−−。様々な人物評を贈られた 徳川義寛侍従長が半世紀を超える侍従生活に終止符を打つ。侍従に就任したのは 2・26事件の年の昭和十一年十一月。戦前、戦後の激動の中で、天皇、皇后両陛下の 素顔に接し、皇室を支えてきた。次の侍従長は生っ粋の行政官。 天皇の側近も大きく様変りする。  十二日午前の記者会見で徳川さんは「いつも陛下のおそばで教えていただいている うちに五十年がたってしまった」と退官に当たっての感想を語った。さらに「乾徳 (けんとく)をつねに仰ぎてひたぶるに 仕へまつりぬこの五十年(いそとせ)を」と、今朝の心境を託した歌を披露した(乾徳とは天皇の徳の意味)。六十年十月、侍従長に就いた際「微風のような仕事をしたい」と述べたが、陛下の手術という“嵐”を無事 乗り越え、皇居の新緑を渡る春風に送られて、昭和史のステージを去る。  お別れ会見は午前十時十五分から、宮内庁舎三階の第一会議室で。徳川さんはカメラ の前に立つと、まず「大変お世話になりました。ありがとうございました」と丁寧に 頭を下げた。「礼」に生きてきたこの人らしい締めくくり。  なぜ、この時期に勇退したかに話が及ぶと「辞めることは去年の夏決めていたんです。(今になったのは)国会が……」と言葉を濁した。
  • 75年 8月 三木武夫首相 参拝 首相として始めて「私的参拝」と発言した事により憲法論議を招来する。 以後、朝日新聞「私的・公的」「玉串料の支払」問題化にする。
  • 75年11月 昭和天皇靖国参拝 社会党が天皇陛下の参拝の「公私」について難癖 (これ以降、天皇陛下の参拝が途切れる)
  • 78年10月 いわゆるA級戦犯(死刑及び獄中死の14名)を昭和殉難者として靖国神社が合祀
  • 85年  中国が靖国参拝に対して抗議開始
  • 86年08月 中曽根首相が参拝断念
  • 88年04月12日:徳川侍従長勇退
  • 88年04月13日:山本侍従長着任
  • 88年04月28日:徳川義寛「元」侍従長会見(ここに富田朝彦宮内庁長官も立ち会い、メモを取る)
  • 88年04月29日:天皇誕生日

その他


note?

*1 Q:メモにある”私”が昭和天皇である根拠はなんですか? TBS(NEWS23) A:静岡福祉大の高橋教授がそう言いましたから。
*2 白鳥を白取と誤字するようなのは、本庁でもつかいものにならなかっただろう
*3 藤尾正行の文相在任期間は、1986年7月22日〜9月8日
*4 徳川義寛氏:この極東軍事裁判A級戰犯合祀について、「筑波さんのように、慎重な扱いをしておくべきだったと思いますね」「昭和天皇と50年・徳川前侍従長の証言」(朝日新聞1995年8月19日)
リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ 改名 copy   ヘルプ   最終更新のRSS