日本書紀 / 神功皇后
リロード  新規  編集  凍結  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 



LINEで送る
Counter:650
Today:1
Yesterday:0
Now:3

神功皇后

zingoh.jpg
  • 神功皇后
  • じんぐうこうごう
  • 成務40年(170年)-神功69年4月17日(269年6月3日)
  • 仲哀天皇皇后
  • 在位: 201年 - 269年6月3日(4月17日)
  • 『紀』:気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)・『記』:息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)・大帯比売命(おおたらしひめのみこと)・大足姫命皇后
  • 父:開化天皇玄孫・息長宿禰王(おきながのすくねのみこ)
  • 母:天日矛裔・葛城高顙媛(かずらきのたかぬかひめ)。彦坐王の4世孫、応神天皇の母、聖母(しょうも)とも呼ばれる.
  • 陵墓:
  • 奈良市 五社神(ごさし)古墳.神功皇后陵(狭城楯列池上陵)(宮内庁)
  • Book
    • 2002 女龍王 神功皇后 上、下 黒岩重吾(新潮文庫)上 ISBN 4-10-114805-8、下 ISBN 4-10-114806-6
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

Add

  • 11/11/24(木)17:21:57 No.126215 夫の仲哀天皇が亡くなった後の新羅出兵に際し、七日七夜、天地の神々に加護を祈願していた神功皇后は、1本の松を逆さまに植えて戦勝を占いました。その松は逆さまに植えられたにもかかわらず、見事に根付き、その後も栄えたといいます

リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ 改名 copy   ヘルプ   最終更新のRSS