日本書紀 / 長屋王
リロード  新規  編集  凍結  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 



LINEで送る
Counter:1728
Today:1
Yesterday:0
Now:2

ニニギノミコト | 孝謙天皇 | 持統天皇 | 昭和天皇 | 神功皇后 | 神武天皇 | 聖徳太子 | 斉明天皇 | 長屋王 | 天智天皇 | 天武天皇

長屋王

nagayaou.jpg
  • 長屋王 ながやのおおきみ
  • 676?〜729[天平1]
  • 生没年 676(天武5)または684(天武13)?〜729(神亀6)
    系譜など 高市皇子の第1子。 母は『公卿補任』に「近江天皇女」、『尊卑文脈』に御名部皇女(天智の皇女で、元明天皇の同母姉妹)とある。吉備内親王(草壁皇子と元明天皇の子)を正室とし、膳夫王(かしわでのおおきみ)・葛木王(かつらぎのおおきみ)・鉤取王(かぎとりのおおきみ)・桑田王らをもうけ、藤原長蛾子との間に安宿王(あすかべのおおきみ)・黄文王(きふみのおおきみ)・山背王(やましろのおおきみ)・教勝を、智努女王との間に円方女王(まとかたのおおきみ)を、安倍大刀自との間に賀茂女王をもうけた。異母弟に鈴鹿王、異母姉妹に河内女王・山形女王がいる。なお長屋王家(北宮)木簡や『日本霊異記』には長屋親王とあり、問題視されている。
  • 長屋王(ながやのおおきみ、天武天皇5年(676年) − 神亀6年2月12日(729年3月20日)、生年は天武天皇13年(684年)説もある)は、天武天皇の孫。父は、壬申の乱で活躍した高市皇子。妻は、吉備内親王(草壁皇子と元明天皇の娘)・藤原長蛾子(藤原不比等の娘)。 左大臣の時代、聖武天皇と光明皇后との間に生まれた皇子が病死した後に、皇子を呪い殺した罪により自殺を命じられ、妻子とともに自殺した。(長屋王の変) この事件は、藤原不比等の息子、藤原四兄弟(武智麻呂、房前、宇合、麻呂)の陰謀というのが通説となっている。 なお、そごう奈良店建設工事中の発掘調査により、長屋王の邸宅が発掘されている。このとき発掘された木簡に「長屋親王宮鮑大贄十編」の文字があったこと、『日本霊異記』の長屋王の変に関する説話では「長屋親王」と称されていることなどから、在世時には長屋親王と称されていたと思われる。
     
     
     
     
     
     
     
     
     

【年表】

  • 696[持統10]年 7月:父、高市皇子薨去。
  • 697[文武 1]年 8月:文武天皇即位。
  • 704[慶雲 1]年 1月:無位から正四位上に叙せられる。
  • 707[慶雲 4]年 7月:元明天皇即位。 709[和銅 2]年11月:宮内卿。この時、従三位。
  • 710[和銅 3]年 4月:式部卿。
  • 714[和銅 7]年 1月:封百戸増加、封租を全給。親王と同等の待遇をうける。
  • 714[和銅 7]年 6月:皇太子(聖武天皇)元服。
  • 715[霊亀 1]年 2月:妃の三品吉備内親王との子女が皇孫の待遇に。
  • 715[霊亀 1]年 9月:元正天皇即位。
  • 716[霊亀 2]年 1月:正三位。
  • 717[養老 1]年 3月:多治比真人三宅麻呂とともに、左大臣石上麻呂を弔う使者となる。
  • 718[養老 2]年 3月:大納言。右大臣正二位藤原不比等につぐ地位に。
  • 720[養老 4]年 8月:右大臣正二位藤原不比等薨去。
  • 721[養老 5]年 1月:従二位、右大臣。事実上国政を把握。
  • 721[養老 5]年 1月:帯刀資人10人を賜る。
  • 722[養老 6]年 5月:稲10万束、穀400斛を賜る。
  • 724[神亀 1]年 2月:聖武天皇即位。
  • 724[神亀 1]年 2月:正二位、左大臣。
  • 724[神亀 1]年 2月:勅に藤原夫人(宮子)を大夫人とせよとあるが、皇太夫人とするべきであると言上し、文字では大夫人、ことばでは大御祖(おおみおや)とするよう改定させた。
  • 728[神亀 5]年 9月:皇太子(基王)薨去。
  • 729[天平 1]年 2月:皇太子薨去、安積親王の誕生により光明子の立后を企む藤原氏の陰謀により謀反の罪をきせられ妻の二品吉備内親王、子らと共に自尽。生駒山にに葬られた。【長屋王の変】後日、王の無罪は証明された。

【長屋王の変】

729年(天平1)2月,左大臣として不比等亡き後の藤原氏に対抗する勢力をなしていた長屋王(持統朝の太政大臣高市皇子の第1子・天武天皇の孫)が,呪詛を行い国家を傾けようとはかったとの密告により,聖武天皇の命によって邸を兵に囲まれ妻子と自殺した事件。

  • この背景には藤原氏一族の光明子を母とする皇太子基皇子の病死,藤原氏と血縁関係にない安積親王の誕生という事態に対し,
  1. 勢力保持のため光明子の皇后立后を企図した藤原氏に王が反対の立場を取っていたこと
  2. また王が太政大臣就任の可能性を秘めていたこと

を理由として、王を除くための藤原氏の陰謀であったものと考えられる。この変の半年後には光明立后が実現し,皇族以外から皇后が選ばれるという異例の事態が出現するとともに,藤原武智麻呂以下の藤原4兄弟がともに昇進して天平初期の政界を主導することとなった。

MEMO

  • 遺跡でメシが食えるか・・・いつも役人と土建屋.遺跡(邸宅)跡はデパートになった.一度もいかないが.人のデパート見テテも、メシは食えない.
  • 佐賀県 吉野ケ里遺跡(よしのがり いせき)
    観光客は年間50万人(NHK プロジェクトX)
  • 長屋王残照記 里中 満智子
note?
リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ 改名 copy   ヘルプ   最終更新のRSS