全日本女優年鑑 / ma / 松田美由紀
リロード  新規  編集  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 

|&html();|RIGHT:&size(10){Counter:&color(blue){&counter;};};|
|BGCOLOR(pink):|BGCOLOR(pink):|c
|&html(<iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=wikiyuma-22&o=9&p=48&l=ur1&category=aiv&banner=0QJVCB3YD6JAV7HSH102&f=ifr" width="728" height="90" scrolling="no" border="0" marginwidth="0" style="border:none;" frameborder="0"></iframe>);|RIGHT:&size(10){Counter:&color(blue){&counter;};};|
|~|RIGHT:&size(10){Today:&color(green){&counter(today);};};|
|~|RIGHT:&size(10){Yesterday:&color(green){&counter(yesterday);};};|
|~|RIGHT:&size(10){Now:&color(red){&online;};};|
#navi(全日本女優年鑑)
//#exlink

#title(松田美由紀)

[[2ch松田美由紀>2ch:松田美由紀]]
[[2ch:松田美由紀]]

&tag(Actress,);
**松田美由紀 :&wikinote; [#d90b1c7e]
#areaedit
#div(start,width:45%,float:right,color:#FFFFFF)
//#photo(.jpg,)
#ref(mm02.jpg,nolink,right)
#div(end)
■ 準備中 
&#9744;&#3642; 収集中 
&#9744;&#3642; 公 開
&#9744;&#3642; 後 悔&br;
#br
○氏 名: &ruby(まつだみゆき){松田美由紀};&br;
■生年月日:  1961年10月06日&br;
■出身地: 東京都杉並区&br;
■血液型:  AB型 &br;
■身長:   164cm&br;
■バスト: 85cm&br;
■ウエスト:  60cm&br;
■ヒップ:   87cm&br;
□U P 率:  &calc(85/60,5);&br;
□DOWN率:  &calc(60/87,5);&br;
■趣味、特技:  &br;
■学歴:  東京文化中学→東京文化高校→(転校)明治大学附属高校&br;
■所属事務所:  オフィス作&tooltip();[代表取締役]&br;
■夫:  初婚→再婚 1983-1989 松田優作(俳優)&br;
#div(clear)
#br
,==,==,==,==,==,==,==,==,==,==,==,==,==,全日本女優年鑑+
, NAME , INI1 , INI2 , SHURUI , B , W , H ,SIZ, G ,K, BIRTH , T , P ,L
, 松田美由紀 , MATSUDA , Miyuki ,Actress,85,60,87,164,48,AB,1961/10/06,"&age(1961,10,6);",Tokyo,A
#areaedit(end)
**要 件 [#td7fce0e]
#areaedit
+松田美由紀
まつだ みゆき
女優、写真家
+熊谷美由紀→松田美由紀 
まつだ・みゆき(女優)
誕生日:1961(昭和36)年10月06日
出身地:東京都杉並区高円寺
血液型:AB型
本 名:熊谷→松田美由紀
学 歴:東京文化中学→東京文化高校→(転校)明治大学附属高校
家 族:夫(俳優)松田優作
家 族:姉(女優)熊谷真実
家 族:息子(俳優)松田龍平/松田翔太
++T164.B84.W58.H87(1979)
++T164.B85.W60.H87.48K(1980)
+松田美由紀
生年月日	1961年10月6日
出生地	東京都杉並区
血液型	AB型
職業	女優
活動期間	1979年-1983年
1990年-
配偶者	松田優作(1983年-1989年)
著名な家族	松田龍平(長男)
松田翔太(次男)
Yuki(長女)
熊谷真実(姉)
太田莉菜(義娘)
孫(龍平の娘)
#areaedit(end)
**効 果 [#jbbf5c8c]
#areaedit
#div(start,width:20%,float:right)

#region(発売一覧)

&html();
#endregion

#div(end)

-Movie
--2004/12/18 理由  WOWWOW=PSC
--2004/04/24 世界はときどき美しい  SCARAB  野枝(ヌードモデル)
--2003/11/01 ラベル
--2003/03/21 棒たおし!  棒たおし!製作委員会  高山弓子
--2002/08/03 忘れてはイケナイ物語り オキナワ  スペースリンク  語り
--2002/02/09 パコダテ人  「パコダテ人」製作委員会
--2001/06/15 クロエ  J−WORKS FILM INITIAT 日出美
--2000/08/01 GLOW 僕らはここに・・・。  エルクインフィニティ
--2000/03/03 オーディション  オメガ・プロジェクト=クリエイターズ カ 青山良子
--1999/07/03 あの、夏の日 −とんでろ じいちゃん−  プライド・ワン=ピー・エス・シー  大井香里(由太の母)
--1999/01/15 のど自慢  シネカノン=東宝=日活=ポニーキャニオン  圭介の妻・美代子
--1998/12/12 モスラ3 キングギドラの来襲  東宝映画
--1998/06/13 元気の神様  「元気の神様」製作委員会
--1998/02/14 甦る優作「探偵物語」特別篇 聖女が街にやって来た  セントラルアーツ  夏子
--1997/07/26 林檎のうさぎ  WOWOW=バンダイビュジュアル
--1995/12/23 BeRLiN  ケイエスエス
--1992/08/14 復讐の掟 ROGUE COP (V)  東映ビデオ
--1980/08/16 鉄騎兵、跳んだ  にっかつ
--1980/06/14 不良少年  東映東京
--1979/07/14 金田一耕助の冒険  角川春樹事務所  マリア

-TV
--2013/09/14 NHK  夫婦善哉  最終話ゲスト「玉初」女将役


--1979 NTV  探偵物語 第1話-夏子 第18話-銀子役

#div(clear)

#areaedit(end)

**判 例 [#xce7458a]
#areaedit
-[[所属事務所による公式プロフィール:http://www.office-saku.com/artists/miyuki_matsuda.html]]  --
-[[松田美由紀:https://twitter.com/MATSUDA_MIYUKI]]  (@MATSUDA_MIYUKI) -- Twitter


#urlbookmark(nodate,notitle)

#areaedit(end)
**通 説 [#t5a76551]
#areaedit

-1977年:原宿でスカウトされ芸能界入り

-2015/05/22(金) 15:25:21.58 ID:z/D6CCES0
松田美由紀が勇作と知り合う前に既婚とかありえんから
wikiの記述がまちがってんじゃね?

-2015/05/22(金) 13:47:29.28 ID:99uDgD0y0
朝比奈マリアも優作に惚れて惚れて、母の雪村いつみに打ち明けたら、
「そんなに好きなら行って来なさい」と言われ、
優作を訪ねたところ、奥さんとこどもがいたから諦めたって言ってた

-2015/05/25(月) 00:58:00.96 ID:z4wxynmT0
本名 金優作(1949年 - 1973年)
生年月日 1949年9月21日
没年月日 1989年11月6日(満40歳没)


--志垣太郎主演の東宝『狼の紋章』にて映画初出演を果たした。
同時期、『太陽にほえろ!』出演を機に「現在は松田優作という通称名を使っているので
番組の関係者にも知られていませんが、もし僕が在日韓国人であることがわかったら、
みなさんが失望すると思います」という理由で法務省に帰化申請を行い、日本国籍を取得。
これにより、通名だった松田優作が本名となった。

--1976年1月31日、前年7月19日に行なわれた『俺たちの勲章』の鹿児島ロケ打ち上げの際、
19歳の予備校生に対して共演者と共に暴力を振るい、全治3か月の重傷を負わせた容疑で
警視庁新宿警察署に逮捕される。身柄を東京拘置所に移された後、傷害容疑で起訴され、
同年3月10日、東京地裁で懲役10月、執行猶予3年の有罪判決を受ける。

-2015/05/21(木)  20:00:14.68 
17の時美由紀は「探偵物語」第一回で優作と共演
現場から帰宅せず優作邸に住み込んでしまった。
//今なら未成年者略取誘拐&淫行で逮捕だな。

-2015/05/21(木) 
優作と美由紀は遊びだったのに
美由紀が本気になり自殺未遂までしでかしたから
妻と別れて美由紀と結婚した
その後も元妻とは会っていて肉体関係もあったらしい

-2015/05/22(金) 18:30:03.94 ID:wxPc9ZCL0 [2/2]
ジーパンはシンコ(当時17)にもしつこく迫ってたらしく
高橋惠子がそれらしい事嫌悪感たっぷりに語ってる本があった模様
美由紀は優作嫁との自宅に押しかけて刃物振り回して自殺しようとするわで
今考えればリアル危険な情事状態になりかねなかったので美由紀では無く
長女の安全を考えて離婚したんだろうな

-2015/05/24(日) 17:51:01.55 ID:18PT2je/0 [13/17]
父親は大分だかの妻子ある公務員じゃなかったっけ。
母は女郎上がりの女郎屋経営&高利貸の女傑
母の不鮮明な写真が評伝にあるが
ジャバ ザ ハットみたいだった。

-2015/05/24(日) 09:28:21.06 ID:18PT2je/0 [1/17]
徹子聴取室で
「俺の実家女郎屋ですから」と言い切っていた。
外交官志望だった中村雅俊と 良く手が合ったな・・・
と思って居たが
中村の実家もソッチ系だと知って納得。

-2015/05/24(日) 01:18:46.17 ID:6ENIRyj50
最初の奥さんとは実家仲が上手くいかなかったんだよ
同じ山口県で優作実家在日集落の置屋で親代わり兄ちゃんはヤクザ組長
嫁実家は代々県議昔は貴族議員田舎の資産家
優作が早々に帰化出来たのもそのおかげだけど
人間世話になると反発する奴いるだろ
それで最初の奥さんは優作実家に嫌われて
次の奥さんは芸能一家で自分らに関係ない東京の金持でいきなり気に入られた

-2015/05/23(土) 16:54:43.15 ID:NiPC4nAd0 [1/6]
高橋洋子は二重整形直後で腫れ目の優作に処女で強姦された事実を小説にしている。

前川麻子は15歳の時夜這って来た優作に強姦され
その関係は数年続いた。
ソレをケータイ小説にしている。

後者は美由紀未亡人から 出すな!と圧力があったとか。
そりゃ優作のペニス形状や勃起するサマまで文章にしてるからw

-382 名前:名無しさん@恐縮です@転載は禁止[] 投稿日:2015/05/23(土) 19:53:02.17 ID:NiPC4nAd0 [2/6]
コンタキンテとかあの世代の小劇団系は優作は神だから
前川麻子の股間を
「かつてココを優作さんが!優作さんがああああ!」と突いていたのだろう。
前川はチョロの上司役(最近自殺した)や
最近イスラムに顔が効くと自称のジャーナリストとも付き合ってたから
共に
「かつてココを優作さんが!優作さんがああああ!」とやっぱ突いていたのだろう。

-382 名前:名無しさん@恐縮です@転載は禁止[] 投稿日:2015/05/23(土) 19:53:02.17 ID:NiPC4nAd0 [2/6]
コンタキンテとかあの世代の小劇団系は優作は神だから
前川麻子の股間を
「かつてココを優作さんが!優作さんがああああ!」と突いていたのだろう。
前川はチョロの上司役(最近自殺した)や
最近イスラムに顔が効くと自称のジャーナリストとも付き合ってたから
共に
「かつてココを優作さんが!優作さんがああああ!」とやっぱ突いていたのだろう。

-385 名前:名無しさん@恐縮です@転載は禁止[] 投稿日:2015/05/23(土) 20:56:49.11 ID:NiPC4nAd0 [3/6]
Aliの『十五』というケータイ小説を読む。これは、映画『家族ゲーム』に端役で出ていた前川麻子が別名義で書いたもので、15才の時に出会ったある有名男優との関係をつづっている。窓の鍵をあけて待っていると、その男優は夜中に忍んできたという。まるで夜這いである。
それにしても、これほどのスター男優であれば、女なんかいくらでも寄ってきただろうに、当時37才で妻子がありながら、知り合いの放送作家の娘(15才)とセックスしていたとは。以下、『十五』より引用。

-386 名前:名無しさん@恐縮です@転載は禁止[] 投稿日:2015/05/23(土) 20:58:03.80 ID:NiPC4nAd0 [4/6]
わたしは、バスタブのふちに手をついて背中を伸ばし、バスタブの外にタキオを立たせたまま、タキオのペニスにフェラチオをした。
「ああ……」というタキオの声が、ふろ場のタイルに響いて大げさに聞こえ、わたしは、ペニスを吐き出して、また笑った……。
けれど、セックスそのものは、なかなか気持ちよくならなかった。タキオのペニスは、わたしには大きすぎた。(P209)
タキオが一番よくしゃべるのは、セックスのときだった。
タキオが、しゃべっている途中で不意に黙り込むと、わたしの中のペニスがびくびくと躍動する。何度目かのそのときが、タキオの射精だった。
射精した後のタキオは、少しの間だけ、死んでいる。
(P211・引用終わり)
タキオ、とは松田優作。

-2015/05/22(金) 02:32:43.00 ID:NgSt0+EQ0 [3/3]
最も危険な遊戯で田坂圭子と本番やったと言うのはマジなのか?SEXシーンが2回あるけど
一回目の電話の最中のシーンじゃなくて、2回目のSEXシーンで良いのかな?詳しい人いたら教えてくれ。
あれ編集が変だったんだよな。それとあの後のシーン見ると田坂さんの涙から入っているんだけど
あれはガチだったのかな?

-2015/05/22(金) 01:12:51.39 ID:NgSt0+EQ0 [2/3]
>>175>>177
数年前に劇団員の人が関係があったと暴露したら松田美由紀は物凄い激怒していたなw
それと中山麻里がなんかの番組で声かけられたけど断ったと言っていたな。イニシャルトークだけど
おそらく松田優作なんじゃないかと。

-2015/05/22(金) 02:18:48.86 ID:tRj7+EEp0 [2/2]
優作は対抗ということか、勝ち負けみたいな発想になるらしい
原田芳雄が毎年自宅でバーベキュー大会開いて優作含め大勢集まってた
でも、ある年優作もバーベキュー大会をぶつけてごっそり人を集めちゃったそうだ
桃井かおりがいくらなんでもあんまりなやり方だと怒って怒鳴り込もうよっていったらしいけど
芳雄は優作らしいしまあ、いいよって流してたらしい
それでもあとで桃井が優作にガンガンいったから、さすがにやめたらしい

-2015/05/21(木) 23:01:37.98 ID:XL6XJ8L00
前妻のほうが知的で美人だったよ
元ミス山口で文学座で女優目指してたんだよね
娘も学歴つけて堅い職業に就いてまともに暮らしてるよね
結婚して子供もいるんだ
幸せそうで良かったね
さんざん苦労しただろうから

-2015/05/21(木) 20:03:45.11 ID:0yLa9W3R0
優作さんは最期は医者に「なんでもするから助けてくれ」と頼みこんだらしい
でももう「治療の段階じゃない」といわれた
尿が出なくて腹がパンパンになるまでなんで病院行かなかったのかな

-2015/05/21(木) 18:47:43.48 ID:GeMzhorIO
確か前妻はもともと松田姓で婚姻時に妻の姓にしてる
優作が日本国籍取る必要があった関係で
国籍うんぬんは前妻が週刊紙じゃない
女性誌のインタビューで語ってるし本も出してる

-2015/05/21(木) 16:41:32.50 ID:???*
《名優の故松田優作さん(享年40)の長女が、6月にCDデビューする》。先日そんなニュースが話題になった。
母は松田美由紀(53才)、松田龍平(32才)と松田翔太(29才)を兄に持つ“長女”とは、
エレクトロニックユニット「Young Juvenile Youth」のボーカル・Yuki(年齢非公表)。
高校時代に3年間カナダに留学し、友人の影響で作詞や音楽制作を開始。その後、アメリカで2年間、音楽や芸術を学んだ。
このニュースを巡って、「間違っている」との声が上がっている。
「優作さんの“長女”はYukiさんじゃありません。優作さんの“長女”は、美由紀さんの前の奥さんとの間に生まれた娘さんのことですよ」(ワイドショー関係者)
優作さんの最初の結婚は1975年9月。当時同じ劇団で活動していた、作家の松田美智子さん(65才)と
約4年の同棲を経てゴールインした。そして翌1976年に長女が生まれた。
「でも1979年のドラマ『探偵物語』で、優作さんと美由紀さんが出会って激しい恋に落ちてしまったんです。
しかも当時美由紀さんは18才の未成年で…。結局優作さんと美智子さんは、
1981年12月に離婚し、その後優作さんは美由紀さんと再婚したんです」(前出・ワイドショー関係者)
優作さんの“長女CDデビュー”というニュースを美智子さんはどう見ているのか話を聞いた。
「優作の長女は正確にいえばYukiさんじゃありませんよね。優作にとっての長女は私の娘で、Yukiさんは次女でしょう。
ただ彼女(美由紀)と築いた家庭では長女になるでしょうから、そういった意味での“長女”という表現ならわかりますが」
そう話す美智子さんは、“長女”についてこう続けた。
「優作が亡くなったのは、娘が中学に進学した年でした。娘は両親が別れることになった経緯を、
テレビや週刊誌で知ることになって、複雑な感情を抱いたと思います。
私は娘に父親を嫌いになってほしくなくて、“あなたのことをものすごく愛してくれた”“養育費も払ってくれた”などと話しましたが、
“そんなことは当たり前でしょう”とむしろ反発していましたね。
とにかく“松田優作の娘”だっていうことを知られたくないっていう思いがすごく強かったんです。
その後娘は、芸能界とは全く関係ない世界で生きることを選択し、社会人として生きてきました。
すでに結婚し、子供にも恵まれました。そのことは優作の墓前にも報告しています。きっと優作は祝福してくれていると思います」
優作さんの2人の娘は、今それぞれの道を歩き始めている。
女性セブン2015年6月4日号

#insert
#areaedit(end)

//#newpage2(this,this)
//RIGHT:&size(10){Last Mod&lastmod;};

#tagcloud(limit=15)
#tagcloud(limit=30)

#navi(全日本女優年鑑)
リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ 改名 copy   ヘルプ   最終更新のRSS