続日本紀
リロード  新規  編集  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 

[[日本書紀]]
#navi(続日本紀) 

//#navi(続日本紀) 
#lls(page,./,display,row,cal,except,'./SubMenu',sep, | )
#newpage2(this,this)

- 日本古代の歴史書の一つ。『日本書紀』の後を受け,697年(文武元)より791年(延暦10)までを編年体で記す。六国史の第2番目に位置する。『類聚国史』及び『日本後紀』に,その完成を記した上表文がある。それによれば,少なくとも8世紀中葉以後2度の編さん作業を経過した後,797年(延暦16)に桓武天皇の命により,藤原朝臣継縄(ふじわらのあそんつぐただ)・菅野朝臣真道(すがののあそんまみち)らが,ほぼ現存する形に近い40巻を完成させた。史料としての性格は,おもに官府に所蔵されていた文書類を素材としているため,概して正確と考えられ,奈良時代研究の根本史料とされる。現存する写本では,鎌倉時代の成立にかかる名古屋市蓮左文庫所蔵金沢文庫本が最古のもの。代表的な注釈書には,村尾元融(むらおげんゆう)『続日本紀考証』・河村益根『続紀集解(しょっきしっかい)』などがある。 
-697年(文武天皇)から791年(桓武天皇)までの出来事をまとめた歴史書です。全部で40巻もあります。奈良時代を理解するのに、そして万葉集の歌の背景を理解するのに重要な資料です。 

-前半の20巻と後半の20巻とで別々に編纂されるというややこしい事情があったようです。最終的には、797年に菅野朝臣真道(すがのあそみまみち)らがトータル40巻として編纂をしたものを桓武天皇(かんむてんのう)に進上しました。
#navi(続日本紀)
リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ 改名 copy   ヘルプ   最終更新のRSS