事件を見にゆく / ルーシー・ブラックマン殺害事件
リロード  新規  編集  凍結  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 



LINEで送る
Counter:11257
Today:2
Yesterday:0
Now:6

逗子連続外人薬物強姦事件

●逗子マリーナはともかく葉山マリーナも久しぶりだが、ここではイチゴのショートケーキと紅茶を頼むことにしている.コーヒーは近所の店の方がおいしい.助手席の日本語なし英国圏検索仕様PCとGFから借りてきた角の取れた英語辞書が憂鬱(この事件は日本報道だけではわからないとのことで)...近くのアブヅリ港は日本ヨット発祥の地、遠くの丘に石原慎太郎の自宅があり夜も明かりがともっていた.大学のヨット部の合宿所も多く当然、慶応大学のもあるが、他大学のスタートラインを犯し部活というよりナンパ女との遊びのようだと評判は悪い.「陸の王者」慶応の卒業生の犯人も海では王者になれず溺れ死んだのは今も昔も同じ.さぁ、そんなことはともかく...この難事件を解明してみる...か...善悪の判断基準が古のよき日本人と違う連中が多くかかわっているから捜査関係者も含めみんなが大変な思いをしたはずだ.<日付など間違いがあるのでおのおの方の信じる日本のマスコミ資料等で必ず確認されたし>

オーストラリア人女性カリタ・リジュウェイ(Carita Ridgway)死亡事件(当時21)[追起訴]

ca02.jpg
  • カリタ・リジュウェイ Carita Ridgwayカリタ・リジュウェイ Carita Ridgway  
  • 豪州出身
  • Ridgway's parents Nigel Ridgway and Annette Foster
  • パース生まれ.シドニービーチ郊外クローヴェリー育ち.21歳の演劇学生?
    • Carita, a 21-year-old acting student who had grown up in Perth and settled in the Sydney beach suburb Clovelly
  • 東南アジア→来日 元モデル 英会話講師
  • 長年ピルを飲んでいた(公判).アジア旅行の際にマラリア予防接種.
  • 1992/12 成田着.
  • 吉祥寺近辺アパート・姉サマンサと同居?*1
  • 1991/12 織原被告と小さなクラブ「タカギ」で出会う.-織原が取引銀行の支店長などと通っていたクラブに移る.その後、肉体関係(公判).2ケ月後行方不明.
  • 織原被告との「プレイ」により肝障害、「プレイ」の2週間後に劇症肝炎から脳死.「プレイ」は2回.
  • 1992/02  神奈川県逗子市のマンションに連れ込み、薬の入った酒を飲ませて強姦プレイ<弁護側、因果関係切断のためプレイは一回目のみと主張.死人クチナシ弁護方針>.
  • ホステス(bar hostess)として就業...
  • 1992/02/16(日) カリタ・リジュウェイが具合が悪くなり、逗子マンション往診.吐き気止め抗生物質投薬.
  • 1992/02/17月)早朝 織原と外人アパートから歩いて数分の武蔵野市吉祥寺南町「秀島病院」(2006/5/1病院名)へ行き診察.当日14:00肝数値異常判明.食中毒と誤診.食中毒薬テトラサイクリン、クロルプロマジン、吐き気止めとしてクロラムフェニコール、解熱鎮痛剤としてアンヒバ、メチロン、ボルタレンを一日3回大量投与.2/23脳死.
    • [Sex Play Video] 女を無意識に保つためにクロロホルム・タオルを口にまきつける... *2
  • 都内の救急病院で治療を受け、劇症肝炎(原因ウィルス)と診断.大学病院転院約10日後、肝機能不全で死亡.被告人「カキを食べて、食中毒になった」とウソの説明で*3誤診を引き出し死に至らしめた:大量の薬物摂取したことによる肝不全.
  • 1992/02 母親(Annette Foster)、警察に捜査を依頼するが無視. 「私たちが警察に通報したとき、関心と容疑がなぜ無視されて、笑われたかを特に知りたいと思います。」
  • 姉妹サマンサ・テルミニ(Samantha Termini):「警察がカリタの死を調査する彼らの請願を聞いたなら10年間の犯罪のやり放題を止めることができた」(判決後)
  • 劇症肝炎で死亡.検察側は織原被告の使ったクロロホルムが原因で死亡したと主張.織原被告側は、持病か食中毒と反論.織原被告が「プレイ」として、クロロホルム*4で女性の意識を失わせて、そのことが原因で劇症肝炎となり、病院に運ばれたが死亡. 被害女性が映っているビデオには意識のない裸の女性とマスクをかぶった男. 「彼女はクロロホルムと思える麻酔状態から醒めたシバリングという断続的な震えの状態が映っていた。酩酊状態よりも深い状態」 (ビデオ鑑定医師)
  • 被害者母親は約4300万円の「お悔やみ金」を公判に影響が出るとして受け取っていない.「何のお金か意味が分からない」.
  • [読捨葉山メモ]これは病院で死んでいるので被告人は微塵も自分の責任を感じていないだろう.第一審無期懲役の根拠事件.無罪推定則からは一貫性がない.こちらの因果関係を認める方がはるかに乱暴.現に被告の朝鮮系日本人もかねて用意の控訴状を提出し即日控訴している.被告がこの件でテープ等証拠隠滅しなかった理由は死の原因がほかにあると思っているからであろう.(反対に彼の性癖からは自分が死亡に関知した事件のものは完全に処分するはずである.)どちらにしろこの性癖は直らないし次から次へと獲物を漁るから本人のためにも社会生活を送らすべきではない...SMスパイナー等購読・アート・シネマジックを毎月きちんと見ている人ならすぐにわかることである.*5

ルーシー・ブラックマン殺害事件

rb01.jpg
  • 英国人クラブホステス ルーシー・ブラックマンさん(Lucie Blackman bar hostess 当時21 英国人女性 元英国航空客室乗務員)
  • 身長175cm 金髪 ひとみ blue 1978年9月1日生まれ.
  • ケント州セブンオークス出身
  • 渋谷区千駄ケ谷アパートで生活.
  • 千駄ケ谷の外国人宿泊所:1962(昭和37年)建設.2階建て木造アパート.都銀が所有権を差し押さえ、2000/5/30東京地裁が競売決定(登記簿)/「近寄っちゃいけない場所」「5年前から外国人が出入りするようになり、入居したと思ったら2、3カ月でいなくなる人たちばかり。今は白人の女性が多いが、以前は黒人やアジア系の男性が目立ち、玄関先で散髪したり、大声でわめいたりする人もいた。白人の女性たちは夕方集団で外出し、早朝、バンで帰ってきていた」「最初は芸能人が所有していたようだが、その後、暴力団風の人に代わり、ここ10年で何人代わったか分からない。いまじゃ誰も知らないと思う」
  • 六本木クラブ勤務(時給約5000円).
    • 【金髪クラブ】東京・六本木の雑居ビル(8階建て)の6階フロア.同ビルにはトップレスバーやゲイパブ、飲食店など入居.近くには、有名ディスコ「ヴェルファーレ」.約30坪.、一番忙しい時間帯には20人のホステス.白人がほと12日から営業停止.んど「豪州女性が一番多かった」.(同ビルの飲食店従業員)
    • 「料金システムは飲み放題、指名料込みで1時間、2万円前後。利用客は管理職クラスのサラリーマンや自営業者が多かった」“金髪クラブ”は、売春行為をウリにする店もあるが、「あの店がどうだったかは知らないが、一般的に店外デートに誘えるかどうかは男の腕次第。でも、彼女らは日本の女性に比べてお金の方が優先」(金髪クラブ常連客).
  • [借金]ルーシーさんには約4500£(約75万円)の借金.英国で車をカードで買ったときのもの.未返済.
  • 2000(平成12)/07 常連客だった織原城二被告(53)が神奈川県逗子市のマンションに連れ込み、薬物入りの飲み物を飲ませるなどして乱暴。薬物中毒で死亡させた上、遺体をチェーンソーで切断し、三浦市の洞窟(どうくつ)に遺棄. 遺体を埋めた地面上には、捨てられた浴槽で“フタ”.織原被告は01年4月にわいせつ誘拐、準強姦致死、死体損壊・遺棄の罪で起訴.織原被告は4年、豪州人女性も同様の手口で乱暴して死亡させたほか、1996年から2000年にかけ、8人の女性に乱暴したなどとしても起訴.被害者合計9人.日本人は4名.(9名:強姦致死1名・強姦致傷2名・強姦6人で起訴)
  • 被告宅からはクロロホルム13本、そのうち2本は未開封などの薬物や、起訴された事件の他の被害者9人を撮影したビデオテープなどが押収.死因「薬物の作用」(検察側):織原被告が薬物で人事不省にした女性にわいせつな行為をし、その様子をビデオ撮影するという、極めて特殊な手口の性行為を繰り返していたため.ルーシーさんの遺体から薬物は検出できず、ルーシーさんとの性行為を撮影したビデオテープも未発見.
  • 口の中一杯に詰まり口からあふれ出ていた真っ黒な物質及び頭部全体を覆っていた真っ黒な物質が明らかにされていない.(コールタール使用の蒸焼きか嘔吐物で窒息死?)
  • 2001/03/03 遺体引き取りのため来日していた母親ジェーンさん(47)と妹ソフィーさん(20)ら遺族3人が成田空港から遺体とともに帰国.(父親ティムさん(47)は既に2日帰国)
  • 2007/04/24[東京地裁] 栃木力(とちぎつとむ)裁判長 無罪判決<準強姦(ごうかん)致死や死体遺棄.別件9件で無期懲役とした>==双方控訴
  • 2008/12/16[東京高裁]門野博裁判長 1審・東京地裁]無罪判決を破棄、無期懲役
    • ずいぶん「軽い判決」だが、加害者在日三国人、被害者英国人ということで「人種偏見」をもっているのであろうか.命の重さと国内居住者の権利義務は同じはず...
  • 2010/12/07[最高裁第1小法廷](桜井龍子裁判長)上告棄却決定.2審 無期懲役判決確定
    NAMEINI1INI2SHURUIBWHSIZGKBIRTHTPL
    カリタ・リジュウェイCaritaRidgwayDeath?/?/?21Death豪州準強姦致死
    ルーシー・ブラックマンLucieBlackmanDeath1751978/09/0121Death英国誘拐、準強姦未遂・死体遺棄・損壊
    Y.MYMPLAY?/?/?23?豪州?M
    Y.FYFPLAY?/?/??カナダ?M
    O.IOIPLAY?/?/??ウクライナ?M
    ?PLAY?/?/?21?外 人M
    ?PLAY(火傷)?/?/?20?JapM
    ?PLAY?/?/?21?JapM
    ?PLAY?/?/?21?JapM
    ?PLAY?/?/?32?JapM
  • 2003/02頃 YM&YF:告訴取下上申書提出(示談金各200万円支払予定、YF100万上乗要求)/OI:新宿のホストにお熱.飲み代を稼ぐためプレイ(その後ホスト部分修正).

織原城二(金聖鐘)

  1. 【犯人】織原城二(金聖鐘)Kim Sung Jong (김성종):日本国籍をもつ朝鮮人←当初記事.ある時から規制が入り報道しなくなった.
  2. 1952 大阪生まれ
  3. IQ180
  4. 渋谷一軒屋&逗子市(プレイ部屋)マンション&三浦市にマンション(ビデオ保管庫)*6あり
  5. 【両親】大阪市内でタクシー会社や不動産・ビル管理業などを営む資産家(在日コリアン)の二男
    1. 大阪市内の高級住宅街にある豪邸、高さ3mあまりの屏
    2. タクシー会社の監査役には、闇社会の守護神こと、弁護士の田中森一
    3. 「許永中」と織原の母親が一時、許と一緒に仕事をしたことがある
  6. 国立大学付属小−中学
  7. 中学3年 目を二重まぶたに整形
  8. 1967(昭和42年)慶応高校合格.世田谷区玉川田園調布の豪邸(敷地600平方m)で、一人暮らし
  9. 在日韓国人として日本人にコンプレックスを持つ
  10. 名前を日本名(星山聖二)にする
  11. 高校の成績不良.箔付け目的と当人の関心からアメリカに留学
  12. 黄色人種として白人から差別を受け、白人へのコンプレックスを強める
  13. 卒業後3年間、米国留学.この時期、帰化「織原城二」
  14. 慶応大法学部法律学科入学.卒業後同学部政治学科再入学.政治と法律で修士号
  15. 1988(昭和63年)高校時代に亡くなった父親が残した遺産を元手に、資産運営会社「プラント」(東京・銀座)を資本金1000万円で設立.取締役社長
  16. 1981(平成3年) バブルが崩壊、物件は不良債権化.所有約20件の物件:総資産約42億6000万円.負債総額:約2倍の80億3500万円.ほとんどの物件が金融機関や整理回収機構、東京都税事務所に差押.
  17. 会社崩壊過程でヤクザとのつながり(英国BBC)
  18. 1998(平成10年)08/08 和歌山県白浜町の海岸の公衆女子トイレに8ミリカメラを持ち込み軽犯罪法違反で逮捕.
  19. [買春傾向]プレイ相手を、女性の中から選ぶ場合は、寸胴タイプのブタ・カバの不細工な相手を求め、醜い相手と覆面を被って醜いプレイが織原被告の好む「プレイ」...とする.
  20. 2007/04/24【東京地裁・裁判長 栃木力(とちぎつとむ)】(ルーシー事件に関して)無罪判決
  21. 2008/12/16[東京高裁]門野博裁判長 1審・東京地裁]無罪判決を破棄、無期懲役

事件経緯

【被害者】

  • 1992/02  豪州女性 神奈川県逗子市のマンション、薬入酒.強姦プレイ.死亡遺族捜査請願、無視==一審判決後父親がに謝罪要求している理由*7.
  • 1996/03/31 カナダ人女性ドナさん(23)に薬を盛りレイプ.六本木警察署に被害届.警察動かず[英THE TIMES 06/08/17])→のちに(2000/10/27)起訴.
  • 2000/01/05 逗子市マンション 20代日本人女性、薬物入りの飲み物.意識不明強姦.ビデオ撮影.照明で腰に全治1ケ月の火傷.
  • 20001/01-2000/06 ツーショットダイヤル日本人女性2名、逗子市のマンションで薬物強姦.
  • 2000/05 高級クラブに勤めていた30代前半の日本人女性.
  • 2000/05/04 元英国航空スチュワーデス ルーシー・ブラックマンさん来日.観光ビザ..8/2帰国予定だった.
  • 2000/05/09 六本木の外国人クラブに勤め始める.金、偽名でかよう.後に弁護士を通じて「一度接客を受けただけにすぎず、失そうなどは知らない」とコメント.
  • 2000/06/04ごろ 逗子市マンション、20代日本人女性に薬入り酒強姦.
  • 2000/06/10 15:15 路上駐車中、織原ポルシェにステーションワゴン追突(東京都江東区新木場路上)
  • 2000/07/01 ルーシー行方不明になる.「携帯電話を買ってもらう」黒ワンピース.
  • 2000/07/01 午後 渋谷区のアパート同居英国籍の女性(22)が外出する際、「あと30分で出かける。男性と千駄ケ谷周辺で待ち合わせている」
  • 2000/07/01 17:00 友人の携帯電話に「海までドライブにいく」
  • 2000/07/01 19:17 逗子マリーナ、「あと一時間で(デートから)帰れる」(渋谷区アパート同棲女性へ)
  • 2000/07/01 金、海をバックにルーシーさん撮影.(逗子マンション付近 夕方)[06/10家宅捜索で見つかったフィルムの一部].
  • 2000/07/01 20:05 催眠酒投与セックスプレイ→死亡→遺体三浦マンションへ搬入か
  • 2000/07/01 21:00 逗子市消防本部:男の声「大変なことが起きた。いまやっている病院はあるか」と電話.財団「逗葉地域医療センター」(逗子市)を紹介...「逗子市内周辺の別のところで、夜やってるところはあるか」「救急車だと、このあたりはどこに行きますか」(後日発覚).
  • 2000/07/上旬、三浦市のマンションから「死んだ犬を保存したい」「結構大型の犬が死んだ。一日、二日保存するのにドライアイスを売ってほしい」.ドライアイス10kg+段ボール箱(4千円)購入.同時期 都内で電動のこぎりやスコップなど購入.
  • 2000/07/03 「タカギアキラ」を名乗る男から「彼女は私と一緒に千葉におり、新興宗教の修行をしている」と友人に電話.←証拠隠滅行為
  • 2000/07/04 友人、麻布署に捜索願
  • 2000/07/05 ルーシーさんが失跡直後、織原所有三浦市内の一室を訪れて管理人とトラブル、スコップを持って海岸を歩いているのが目撃...という.
  • 2000/07/20 東京都港区麻布署に「自分の意思なので、そっとしておいてほしい」という手紙.筆跡が違うため事件性があるとして捜査開始.
  • 2000/07/下旬 英国ブレア首相が森喜朗(元)首相との会談でこの事件を取り上げる(沖縄サミット来日).
  • 2000/08/22 ルーシー妹ソフィーさんが記者会見し、1万-£(当時160万円)の懸賞金.
  • 2000/08/31 父親ティム氏、有力情報懸賞金を10万£(ポンド)に引き上げ.
  • 2000/09/下旬 (警視庁捜査一課と麻布署)クラブの常連客で不動産管理会社社長の織原城二を調査している事が明かに.また、ルーシーさんの周辺で新たに外国人女性二人が行方不明になっている事が発覚.
  • 2000/10/09 別件の準強制わいせつ容疑で織原城二容疑者逮捕.
  • 2000/10/14 神奈川県三浦市内の織原所有の一室やモーターボート、付近の海岸などを捜索.
  • 2000/10/17 織原容疑者「カナダ人女性準婦女暴行罪」で再逮捕.「海に行こう」などと連れだし、催眠作用を持つ薬物の入った酒類を飲ませ、女性の意識を失わせて乱暴をした疑い.当初「合意だった」と容疑否認.押収したビデオが決め手.ルーシー事件については、関与否定.
  • 2000/10/27 再逮捕.1997/10ごろ、20代外国人女性を逗子市マンションに誘い込み、薬物を混入した酒類を飲ませ女性を心神喪失の状態、わいせつ行為. また東京地検 同日起訴.1996/3/31逗子市マンションで、カナダ人女性(23)心神喪失状態にした上で強姦.
  • 2000/11/17 準強姦容疑再逮捕.2000/05 高級クラブに勤めていた30代前半の日本人女性. .逗子市マンションの自室に連れ込み、飲み物に催眠作用を持つ薬物を混ぜて女性に飲ませ、意識を失わせて強姦.「織原容疑者と思われる人物に、報道されている逗子市の同じマンションに自分も連れて行かれた」「意識を失わされたので、よくわからないが、被害に遭っているかもしれない」などと捜査本部に相談してきた.また同日、英国人女性に対する準強姦罪で追起訴[東京地検]
  • 2000/12/14 六本木連続準強姦事件初公判.60席の一般傍聴席に対し892人.織原被告起訴事実を否認.
  • 冒頭陳述:1996年3月と97年10月、同じ六本木のクラブで働く外国人の女性をそれぞれ神奈川県逗子市のリゾートマンションに誘い、「ハーブで作った珍しいワインだ」とうそを言って睡眠薬入りの飲み物を飲ませて意識を失わせたうえで、強姦...意識を回復した後で、「今日は体調が悪いので働けないだろう」などと言い、現金を渡した...
  • 2000/12/28 準婦女暴行罪で起訴.(外国人女性2人、別の日本人女性1人の3事件に続いて4件目).6/4ごろ、神奈川県逗子市マンションで、20代の日本人女性に薬入り酒強姦.
  • 2000/01/04 六本木ホステス火傷事件で再逮捕.(逮捕5回目)

    ただいま外国人女性2人、日本人女性2人準婦女暴行罪で起訴了です>

  • 2001/01/25 火傷日本人女性準強姦致傷罪(2000/1/4)で東京地裁に追起訴.(起訴5度目)
  • 2001/01/26 オーストラリア女性強姦致死罪逮捕(6度目=最終的には7回逮捕!).死因:酒中に混入された)大量の薬物摂取による肝不全.「ニシダ・アキラ」名で医師に電話.
  • 睡眠薬や睡眠導入剤のほか、「デート・レイプドラッグ」やクロロホルムなど押収.睡眠薬の中には、正規ルートでは入手不可の製剤前の主成分原料約5kgも.便利なドラック売人を従えていたことがわかる.
  • 2001/02/09 織原(金)容疑者の別荘から200mの海岸沿いの洞窟で遺体発見.
    • 神奈川県三浦市にあるリゾートマンションから約150mほどのところにある海岸沿いの洞窟だった。 ルーシーさんの遺体を隠すためのカモフラージュのためにおかれた浴槽だが、遺体はその下からセメントでむごく(ムゴクねぇ)固められた状態で発見.(週刊ポスト)
  • 2001/02/09 イギリス人女性ルーシー・ブラックマンさんの失踪事件を捜査している警視庁の特別捜査本部は今日、 神奈川県三浦市で発見した遺体が女性であることを明らかにしました。 遺体は8つに切断されており頭部がセメントで固められているため身元判明のカギとなる歯形の確認などはまだできていません。 警視庁は遺体がルーシーさんの可能性もあるとみて、明日遺体を司法解剖して身元の確認を急ぎます。
  • 2001/02/10 遺体が本人と断定される 織原容疑者は殺害を否認.
    • 織原被告は2000年、ルーシーさんを暴行して死亡させたうえ、遺体を切断して 神奈川県三浦市の洞くつに埋めたほか、9人の女性に暴行し、1人を死亡させた準強かんや 準強かん致死などの罪に問われています.いずれの事件についても無罪主張.
  • 2001/02/16 追起訴(6度目).1992/02逗子市マンションに、オーストラリア人女性カリタさん(21)を誘い込み、薬物入りの飲み物を飲ませて強姦、約10日後に薬物による劇症肝炎で死亡さす.
  • 2001/02/27 東京地裁(山室恵裁判長) 3−5件目(日本人女性)の準婦女暴行、準婦女暴行致傷事件を審理.最初の被害者の外国人女性に対する証人尋問 非公開.
  • 織原「3件とも深夜、援助交際や遊びを目的としたツーショットダイヤルで知り合った女性。私と合意の上でのセックスプレーを行った。薬物を使用したという事実はない」などと全面否認。また、ビデオ撮影の照明用ライトの熱で火傷を負わせた女性については「やけどを負ったということは私とは関係ありません」
  • 冒頭陳述:織原被告は昨年1月から6月までの間、ツーショットダイヤルを通じて知り合った日本人女性3人を同県逗子市のマンションに誘い込み、薬物入りの飲み物を飲ませるなどして意識を失わせて強姦、ビデオ撮影.うち一人にで約一カ月の火傷.「これは開運のお酒。モンゴルで手に入れた」「インドの珍しいお酒がある。飲むと幸せになれる」などといって女性に薬物入りの酒を勧めていたことが分かった。気を失った女性には「酔って自分で服を脱いでおふろに入ったんだよ。頭を打って倒れていたから介抱してあげた」
  • 2003/02頃 YM&YF:告訴取下上申書提出(示談金各200万円支払予定、YF100万上乗要求)/OI:新宿のホストにお熱.飲み代を稼ぐためプレイ(その後ホスト部分修正)[詳細不明・法廷内被害者ホステス名を暗号?でやり取り]

【被害者家族】

  • 2001/02/24.26 ジェーンさんら遺族、別々に(母:2/24記者会見)成田空港に到着.三浦市の遺体発見現場の海岸、ルーシーさんが好きだったヒナギクやフリージア、白いユリなどの花束.
  • 2004/12/10【ルーシーさん失踪事件】裁判傍聴のために父親来日.
  • 2005/01/24 米ロスアンゼルスタイムス、織原城ニ(金聖鐘)の公判、2月1日に開始と報道.
  • 2005/03/24(木) 在日の織原城ニ(金聖鐘)の犠牲者となったルーシー・ブラックマンさんの葬儀が執り行われる.
  • 2005/05/26(木) 日本のマスコミまた一切報道せず、織原城ニの公判昨日行われる.
  • 2005/07/28(木) 織原城二(金聖鐘)の公判開始、英国各紙日本人の織原と報道する.
  • 2006/09/30 ティム・ブラックマン(父)、小原の友人によって1億円(£453,797)受理.「娘の死因が不明であったことや織原被告のDNAが娘の体内から検出されなかったことなどを知らなかった。死因などの調査を求める」との上申書提出.
  • 2007/04/22 ルーシーさんの父親(離婚)など遺族ら6人 朝、イギリスから成田空港に到着.
  • 2007/07/24 Ridgway's parents Nigel Ridgway and Annette Foster were in Tokyo for today's verdict.

資 料

  • 罪状は、準強姦、準強姦致死傷、わいせつ誘拐、死体損壊・遺棄...か.
  • (和歌山県警)平成10年8月8日夜、同県白浜町の海岸の公衆女子トイレに8ミリカメラを持ち込み、のぞき見をしたとして、軽犯罪法違反の疑いで県警に逮捕、同10月に田辺簡易裁判所から罰金9000円の処分.
  • 白人風の名前(George O'Hara 織原城二)を名乗り、日本に帰化(このぬぐえない犯罪性向のある在日朝鮮人に対して交友関係・所属組織を含めた通常の厳しい審査をしなかった理由は何であろうか).白人女を漁る生活.
    • 2005/08/23日付け(日本時間24日)のロスアンゼルスタイムス紙は、ルーシーブラックマン殺害事件容疑者の在日朝鮮人 織原城ニこと金聖鐘の公判が、2月1日から日本で開始されると報じた。織原容疑者は卒業後に3年間、米国留学。この時期、帰化し、名を「織原城二」とし、慶応大法学部法律学科に入学。卒業後は、同学部政治学科に再入学した。
  • ttp://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-fg-japanreform23jan23,1,2618349.story?ctrack=1&cset=true
  • 捜査本部の調べに対し、震えながら、「今は何もいえない」と繰り返している同容疑者は、大阪市内でタクシー会社や不動産・ビル管理業などを営む資産家(在日コリアン)の二男、「金聖鐘」として誕生した。 大阪市内でも指折りの高級住宅街にある豪邸は、高さ3メートルあまりの屏に囲まれ、 周囲でもひと際目立つ。 だが、中学3年になると、これまでの生活をすべて捨てるかのような行動に出るのだ。 目を二重まぶたに整形したほか、高校までエスカレーターで進学できたが、 「彼は予備校などに通い、猛烈な受験勉強をしていました」(知人)と故郷を捨て上京、昭和42年、慶応高校を受験し、合格。近所の住民によると、「中学でイジメられたので、東京の学校に入ったといううわさでした。ただ、お母さんは『うちの子が、慶応に通ったんです』とうれしそうに話していました」。  捜索を受けた世田谷区玉川田園調布の豪邸で、一人暮らしを始め、進学後は、名前を「星山聖二」に代え、同期には慶大ラグビー部総監督の上田昭夫氏や作曲家の吉松隆氏、有名代議士の息子、一流企業人がズラリ。 実業家として打って出るのは昭和63年。 高校時代に亡くなった父親が残した莫大な遺産を元手に、資産運営会社「プラント」(東京・銀座)を資本金1000万円で設立し、取締役社長として門出を切った。折しもバブル景気のただ中で、次々と物件を獲得し、事業を拡大。 だが。平成3年ごろを境にバブルが崩壊し、物件は不良債権化。 気が付けば、所有する約20件の物件など総資産約42億6000万円に対して、 負債総額は約2倍の80億3500万円に達していた。 zakzak
  • 織原容疑者、2年前にトイレ盗撮で逮捕 紀州白浜の海岸で、逮捕時には偽名使用 織原城二容疑者  外国人女性に対する連続準婦女暴行事件で、会社役員、織原城二容疑者(48)=写真=が2年前、和歌山県内で女子トイレ内に撮影機材を持ち込み、盗撮した疑いで逮捕されていたことが30日、分かった。 警視庁麻布署捜査本部は同容疑者の最近数年間の行動について全容解明を進めている。 和歌山県警の調べによると、織原容疑者は平成10年8月8日夜、同県白浜町の海岸の公衆女子トイレに8ミリカメラを持ち込み、のぞき見をしたとして、軽犯罪法違反の疑いで県警に逮捕され、同10月に田辺簡易裁判所から罰金9000円の処分を受けていた。 逮捕された際、織原容疑者は職業を「自分はルポライターだ」とし、「斉藤進、46歳」と名乗っていた。同容疑者は東京・六本木のクラブにも「イワタ」「ホンダ」など多数の偽名を使って出入りしていたことが分かっている。 織原容疑者は今月27日、カナダ人女性に対する準婦女暴行の罪で起訴され、別の外国人女性への準婦女暴行容疑で再逮捕。 捜査本部では、元スチュワーデスのルーシー・ブラックマンさん(22)失跡事件でも、同容疑者が事情を知っているものとみて、この数年間の行動についても調べを進めている。 ttp://web.archive.org/web/20010217215949/http://www.zakzak.co.jp/top/3t2000103006.html
  • Masahiko Kobayashi, a pathologist from the University of Texas, told the packed courtroom that Ms Blackman's body had been cut into ten pieces with a toothed blade that sliced through bone as well as tissue. “Traces of flunitrazepam [the scientific name for Rohypnol] were detected in the body,it is probable that an instrument like a chainsaw was used [to dismember the body],” Dr Kobayashi told the Tokyo District Court. 当時検死を行ったコバヤシ・マサヒコ病理学者(現テキサス大)は、「ルーシーさんの遺体は10個に切り刻まれていた」、 「切り口から判断してチェーンソーが使われたと思う」、「体内からはロヒプノール(睡眠麻酔薬)が検出された」と東京地裁で証言した。
    ttp://www.mirror.co.uk/news/tm_objectid=15555379&method= full&siteid=94762&headline=man--cut-up--bar-girl-lucie-name_page.html ttp://www.timesonline.co.uk/article/0,,3-1626576,00.html

第一審判決

▽ルーシーさん事件判決(2007/04/24)

一、死体損壊・遺棄  ルーシーさんの死体損壊、遺棄行為と被告を直接結び付ける証拠はない。遺体からは、 体液など被告に由来することが明らかな物質は発見されていない。被告がルーシーさんとともに 滞在していたと認められる逗子マリーナ(神奈川県逗子市)の居室からは大規模な血液反応など 物的痕跡は見いだされず、損壊、遺棄行為も目撃されていない。  被告はルーシーさんが最後に知人に連絡した2000年7月1日午後7時17分ごろ、 ルーシーさんとともに逗子マリーナにいた。午後9時ごろまでにルーシーさんの身に異変が生じたことや、 1人で東京に戻った被告が容体の急変を知って逗子マリーナに戻ったこと、その後ルーシーさんの 死亡を認識したことが認められる。  被告はルーシーさんの死体損壊、遺棄に供された物と同種の物を急いで入手し、セメントを使った作業をし、一方で捜査機関などにルーシーさんの安否や所在について虚偽の情報を与えて真実を隠ぺいしようとしていたのであり、死体損壊、遺棄に何らかの形で関与したことは疑いがない。  しかし、死亡までの間、被告以外の第三者がいた可能性があり、その者がルーシーさんの遺体を損壊、遺棄した可能性も否定できない。遺体の運搬方法や損壊の目的など被告の具体的な行為も解明されておらず、被告の犯行と認めるには合理的な疑いが残る。

二、準強姦致死  ほかの公訴事実とは異なり、暴行場面を撮影したビデオテープが存在せず、解剖結果から暴行の痕跡を見いだすことができないため、暴行や薬物投与を直接証明する証拠はない。  被告がルーシーさんの死にも何らかの形で関与していた疑いはある。被告が薬物を摂取させ、これが一因となり死亡した疑いがないわけではない。しかし、遺体を鑑定しても死因は不明だった。 被告が類似手口の準強姦行為を重ねたことを加味しても、準強姦行為に及んだと推認するには、合理的な疑いが残る。

  • 2007/04/24[読売新聞] 織原被告に無期懲役判決、ルーシーさん事件は無罪 英国人女性ルーシー・ブラックマンさん(当時21歳)ら女性10人に乱暴し、うち2人を死亡させたとして、準強姦(ごうかん)致死や死体遺棄などの罪に問われた会社役員、織原(おばら)城二被告(54)の判決が24日、東京地裁であった。 栃木力裁判長は、起訴された10件の事件のうち9件については有罪と認め、織原被告に求刑通り無期懲役を言い渡した。しかし、ルーシーさんの事件については、「事件についての直接的な証拠は一切ない」と述べ、無罪とした。判決の言い渡しは24日夕刻まで続く見通し。 織原被告は1992年2月~2000年7月の間に、女性10人を神奈川県逗子市のマンションに連れ込み、クロロホルムなどの催眠導入剤を入れた酒を飲ませて意識を失わせた上で乱暴し、薬物の作用などによりルーシーさんら2人を死亡させたとして起訴された。ルーシーさんの遺体については、電動チェーンソーなどで切断し、同県三浦市内の洞窟(どうくつ)に埋めたとして、死体遺棄などの罪に問われていた。 織原被告は、10件の準強姦のすべてについて否認。特にルーシーさん事件は他の事件と違い、乱暴の様子を映したビデオテープなどが見つかっておらず、「別に真犯人がいる」などと主張。弁護側も「ルーシーさんの死因を明らかにする証拠や、織原被告と死体損壊や遺棄を結びつける証拠はない」として無罪を主張していた。 これに対し、検察側は〈1〉ルーシーさんが行方不明になった直後に、織原被告がチェーンソーを購入した〈2〉織原被告の自室内からクロロホルムなどの薬物や他の被害者を撮影したビデオテープなどが押収された――などの状況証拠から、「織原被告の犯行であることは明らか」と主張していた。 判決は、ルーシーさん事件について、「死体損壊と死体遺棄について、被告が何らかの形で関与したことは疑いがない」と指摘。しかし、「単独で実行したとも認められない上、被告がいかなる関与をしたかも分からない」とし、準強姦致死を含め「直接的な証拠は一切ない」と述べた。
    • 一方、判決は、他の9事件については、織原被告の有罪を認定した。 92年2月、オーストラリア人女性カリタ・リジウェイさん(当時21歳)をクロロホルムで意識を失わせて乱暴し、劇症肝炎で死亡させた事件について、判決は〈1〉押収されたビデオテープに意識のないカリタさんに乱暴している記録が残り、クロロホルムの瓶も映っている〈2〉クロロホルム以外に劇症肝炎を発症する原因は見当たらない――などの理由から、「織原被告の犯行は疑いを入れることなく認められる」と述べた。 また、他の8人に対する準強姦などについても、ビデオ映像などから織原被告の犯行を認めた。(2007年4月24日14時0分)

第二審判決

  • 2008/12/16[東京高裁](門野博裁判長) 控訴審判決 10件のうち9件を有罪として無期懲役、ルーシーさん事件について無罪とした1審・東京地裁判決を破棄、改めて無期懲役
  • 検察側:ルーシーさん事件について、遺体から睡眠薬の代謝物が検出され、ルーシーさんが行方不明になった直後、チェーンソーを購入していることなどから、「被告が薬物を使って乱暴し、クロロホルムによる急性中毒で死亡させたことは明らかだ」と主張.

参 考

  • 2008/05/29(木)[東京高裁](大坪丘裁判長) 週刊新潮に英国女性ルーシー・ブラックマンさんを殺害したと掲載され、名誉を傷つけられたとして、 織原城二被告(55)=準強姦致死傷罪などで1審無期懲役、控訴=が発行元の新潮社などに 3000万円の賠償を求めた訴訟の控訴審.1審判決を変更.同社などに20万円の支払いを命じる逆転判決.「有罪判決確定までは犯人と断定されず、織原被告も無罪を主張して争っていた。 記事が真実であるとの証明や真実と信じた相当な理由もない」.判決によると、週刊新潮は2006年7月13日号と07年2月1日号の連載記事に「織原城二がルーシーさんを殺害した」と記述. ttp://www.47news.jp/CN/200805/CN2008052801000792.html

巷の声

  • カリタ・リジュウェイには同情の念を禁じえない.被告人が「処方した」薬の成分と入手先を正直に救命医療士、大学の専門の医師に速やかに告げていれば助かったのではないかという気がするからである.
  • 慶応の法学部、「疑わしきは被告人の利益」を教わっているから、広範囲に「証拠隠滅」がなされているはず...捜査も裁判も用心してかかる必要があった.
+  Click!
note

*1 Ridgway was living in Tokyo with her sister Samantha when she disappeared one weekend but later turned up in hospital, left there by a man who told doctors she had food poisonining. She slipped into a coma and later died.「リッジウェイは、姉のサマンサと都内に住んどったが、ある週末おらんなってのぉ、後から食中毒だと医師に言って男がおっぽった病院にいたんよ.昏睡に陥ってそのまんま死んだがや」[keralanext.com]
*2 Video seized from Obara's home showed the millionaire raping Ridgway, appearing to use a towel doused in chloroform to keep her unconscious.
*3 Too much chloroform/金メモ
*4 かつて麻酔薬、その毒性が明らかになってからは使用禁止
*5 SMというのは言葉遊びが基本だが、薬物使用のテラSMプレイというのは、死の危険があり「死んだらどうしよう、死んでもいいや」と死の認識をもってプレイしているから殺人罪起訴でもいいのだろう.小学校のカエルの解剖でもガーゼ・クロロホルムをかがせすぎて麻酔どころか殺してしまったのがいたな.
*6 豪州紙曰く:Obara's white stucco apartment building, the "Blue Sea".
*7 Ms Ridgway's father Nigel, of Mandurah, south of Perth, said the family wanted an apology from Japanese police.
*8 ルーシーさん死後の死体損壊と死体遺棄は織原は認めているため苦肉の付言
リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ 改名 copy   ヘルプ   最終更新のRSS