事件を見にゆく / 綾瀬女子高生コンクリ殺人事件 / Paper
リロード  新規  編集  凍結  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 



LINEで送る
Counter:4099
Today:1
Yesterday:1
Now:5

事件を見にゆく/綾瀬女子高生コンクリ詰め殺人事件

新聞報道

  • 1989/03/31 朝日新聞朝刊
    女子校生をコンクリート詰め 少年ら数人で殺す 東京・綾瀬
    婦女暴行の疑いで警視庁綾瀬署に逮捕されていた無職少年ら数人が、女子高校生を乱暴して殺し、ドラム缶にコンクリート詰めにして東京都江東区内の埋め立て地に捨てていたと自供し、同署と警視庁少年2課は30日、供述通りの場所で発見したドラム缶の中から遺体を確認したため、足立区内の無職少年2人(17歳と18歳)を殺人と死体遺棄の疑いで逮捕した。犯行現場には別の少年5人もいたとみられ、同容疑で取り調べる方針。被害者は埼玉県三郷市に住む同県立高校3年生A子さん(当時17)とみられ、少年らに連れ去られた後、1カ月余り室内に監禁されていたらしい。A子さんは昨年11月に家族から家出人捜索願が出ていた。 調べでは、今年1月3日、A子さんが、逮捕された少年2人と足立区綾瀬の仲間の家に監禁されていた時、布団に水をこぼした。少年らが怒り、A子さんの手足にライターの火を押しつけたり、顔や腹などを殴るけるなどの暴行を4日未明まで続け、殺した。 少年らはA子さんを放置したまま遊びに出たが、5日未明に部屋に戻り、A子さんが死んでいるのに気づいた。死体の処理に困った少年らは家の近くの工事現場から盗んできたドラム缶に死体を入れたうえ、コンクリートを流し込んで、江東区若洲の埋め立て地に捨てた疑い。少年らは都内の別々の私立高を中退。非行仲間と一緒に足立区内を根城にする暴力団の青年部組織「極青会」を作って、組の指示で飲食店に花を売りつけるなど組員まがいの行為をしていたという。グループはわかっているだけで10人おり、車で女性を誘っては強引にホテルに連れ込むなど繰り返していたらしい。2人は、昨年12月に起きた婦女暴行事件の容疑者として今年1月23日に逮捕されていたが、さらに別の婦女暴行1件と20件のひったくりも自供し、再逮捕されていた。 少年鑑別所での余罪取り調べ中の今月29日になって2人が殺人を自供、同署は同日夕に埋め立て地でドラム缶を見つけ、30日午後コンクリートを砕いて死体を確認した。 遺体は腐敗が進んでおり、家族も身元が確認できない状態。このため、遺体の指紋をA子さんの所持品の指紋と照合するなどして確認を急いでいる。A子さんは、去年11月25日夕方、少年らに三郷市内でだまして連れ去られ、足立区綾瀬の少年の仲間の家に監禁された。いつも見張りがおり、逃げ出そうとするとリンチされていたという。連れ去る際にだました手口は、少年らの1人がバイクですれ違いざまA子さんの自転車を倒し、もう1人が親切そうに助けるふりをして信用させ、バイクの後部に乗せるやり方だった。 また、A子さんの親を安心させるために12月中に数回、三郷市の自宅に電話をかけさせ、「心配しないで」「どうして捜索願を出したの」などといわせていた。A子さんは埼玉県八潮市内の県立高校に通っていたが、昨年11月下旬、両親が「八潮市内のアルバイト先に行ったまま帰宅しない」と吉川署に届け出ていた。
  • 1989(平成元年)/03/31 朝日新聞夕刊
    少年、計7人が関与 埼玉の女子高生殺し
    東京都足立区内の無職少年(18)らの非行グループが女子高校生を乱暴して殺し、ドラム缶にコンクリート詰めにして埋め立て地に捨てた事件で、警視庁少年2課と綾瀬署は31日、遺体の指紋の照合から、殺されたのは埼玉県三郷市高州1丁目の県立八潮南高校3年生、F子さん(当時17)と断定した。また、犯行現場となっ足立区綾瀬の会社員宅を現場検証するとともに、殺人・死体遺棄容疑で逮捕した少年2人のほかに現場の家に住む兄弟ら3人が殺害に関与、ほかに2人の少年が監禁と連れ去りにかかわっているとみて、この5人も近く取り調べる。 同課などの調べによると、F子さんの遺体は夏用掛け布団2枚でくるまれ、さらに大型バッグに入れてからコンクリート詰めにされていた。衣服は少年らが監禁中に与えたものらしく、失跡当時とは違っていたため、家族が見てもF子さんの衣服と確認できなかったという。 F子さんがコンクリート詰めにされたドラム缶は、発見された時の重さが305キロあった。2、3人では持ち運ぶことができないため、同署では多人数でワゴン車かトラックなどの車を使って遺棄したものとみている。 殺害現場となった少年らの仲間の家は、足立区綾瀬の静かな住宅街の中にある小ぢんまりした2階建て。昭和48年ごろに両親と男の子2人の一家で入居したという。 近所の人の話では、昨年末ごろまで夜中にバイクの音がしたり、2階で騒ぐ声が聞こえたりした。玄関わきの電柱をよじのぼって2階の部屋に出入りする少年を見かけた人もいる。近くの主婦は「ベランダに脚立が置いてあったこともある。玄関を通らずに出入りしていて、両親も気づかなかったのではないか」と話していた。
  • 1989/04/01 朝日新聞夕刊
    一度だけ注意、監禁少年宅の父 女子高生殺しまた1人逮捕
    埼玉県の女子高校生が少年らに長期監禁の末に殺され、コンクリート詰めで捨てられた事件で、警視庁少年2課と綾瀬署は1日、殺人と死体遺棄容疑で逮捕した主犯の東京都足立区の無職少年(18)ら2人を東京地検に送検した。また、盗みなどの疑いで少年院に収容されている同区の無職少年(17)ら3人も犯行に加わっていたとみて、逮捕状を用意して取り調べ、うち1人を逮捕した。 同課は、被害者の三郷市高州1丁目、県立八潮南高校3年生F子さんの監禁・殺害現場の足立区綾瀬の少年宅を31日深夜まで検証して証拠品数十点を押収し、1日朝からは少年の両親が監禁や暴行に気付いていなかったかどうか事情を聴いた。これまでの調べに対し、少年らは「監禁して間もない昨年12月初め、1階の父親から 『うるさいぞ』と注意されたことがあるだけ」と供述しているという。少年らは家族の留守中を狙ったり電柱を伝って2階の仲間の部屋へ出入りし、家族と顔を合わせないようにしていたと、同課はみている。
  • 1989/04/02 朝日新聞朝刊
    父親、監禁の少女と会っていた 少年たちの女高生殺人
    埼玉県三郷市高州1丁目、県立八潮南高3年生F子さん(当時17)が、足立区綾瀬の少年宅に長期監禁のうえに殺されてコンクリート詰めで捨てられた事件で、少年の父親が監禁されているF子さんと顔を合わせていたことが、警視庁少年2課と綾瀬署の1日までの調べでわかった。同課などは、その時の状況に不自然な点もあるため、1日に新たに逮捕した少年を含めて逮捕ずみの少年3人の供述とつき合わせ、父親が監禁に気付いていたのに見過ごしたか、全くわからなかったのかどうかを、詳しく調べる。 同課などが少年の父親から事情を聴いたところ、父親は12月初め、弟の部屋で「奇声」が聞こえたので注意しようと2階に上がった。「うるさいぞ」と言って部屋に入ろうとしたが、中に入れてもらえなかった。その時、女性の声がしたため、「女の子が遊びに来ている」と思ったという。 また、12月末のある日、F子さんとみられる女性が1人で1階の食堂に下りてきたため、食事を食べさせた。その時に「家に帰りなさい」と注意した、という。父親はふだんから子どもたちの部屋に入れてもらえなかったらしい。
  • 1989/04/03 朝日新聞夕刊
    「帰宅説得で食事に呼んだ」 女高生殺人、監禁少年の父
    埼玉県三郷市高州1丁目、県立八潮南高3年生F子さん(当時17)が、東京都足立区綾瀬の無職の少年宅で殺されコンクリート詰めで捨てられた事件で、少年の父親がF子さんに食事をさせていたのは、少年(17)の部屋に女性が泊まっているのを知った少年の両親が、女性に家に帰るよう説得するため夕食に呼んだことが、警視庁少年2課と綾瀬署のその後の調べでわかった。夕食には少年も同席したがF子さんはほとんど話をしなかったらしい。 また、少年らの新たな供述では、F子さんを殴ったりけったりする乱暴は数十回に及び、少年らも正確な回数を覚えていないほどひんぱんだったらしい。部屋からは血痕も多数見つかっており、少年らは「ムシャクシャした時も、やつ当たりで殴った」と言っているという。同課は、少年らは自分たちの暴行を知られるのを恐れてF子さんを家に帰すこともできず、次第に「じゃま者」扱いにして乱暴を重ねていたとみている。
  • 1989/04/04 朝日新聞夕刊
    女高生殺人に数々の疑問 監禁された経緯は?
    卒業を控えた女子高校生が40日間の監禁の末に殺された事件は、捜査が進むにつれ、数々の疑問点が浮かんでいる。被害者の埼玉県立八潮南高校3年生F子さん(当時17)が、どうして何の抵抗もせず少年宅までついて行ったのか。また、どの時点で、何をきっかけに暴行が始まったか。警視庁少年2課と綾瀬署は、逮捕した3人の少年以外に犯行にかかわったとみられる4人の少年の取り調べを急ぎ、殺害に至るまでの状況を詳しく再現する方針だ。 連れ去られたのは昨年11月25日の午後8時ごろ。F子さんは放課後、八潮市の包装資材会社でアルバイトを続けており、この日アルバイト先の友人と別れて自転車で家に帰る途中姿を消した。 自転車は、姿を消して間もなく、八潮市と三郷市の境界である中川の潮止(しおどめ)橋近くの商店前で見つかっている。きちんとスタンドを立て、カギもかかっていた。この状況から県警は、F子さんは再び自転車を置いた場所へ戻ってくる意思があった、とみている。 F子さんは家族に黙って外泊することも、ままあったが、昨年9月に、都内の大手スーパーの就職試験に受かり、張り切っていた時期で、自分から進んで少年たちの家に泊まったとは考えにくいという。 少年らの供述によると、主犯格の少年(18)と監禁されていた家に住む少年(17)の2人が、通りかかったF子さんを見つけ「ナンパしよう」と相談。一方がわざとからんだうえ、一方が助ける芝居をしたという。 少年2課は、F子さんが「正義漢」を信用したというより、「あの男の仲間がお礼参りに来るかもしれない」と脅され、おびえて言うなりになったのではないか、とも見ている。 少年らは当初「部屋に入った日はちやほやして乱暴しなかった」と供述し、F子さんがその日は安心して泊まったことをうかがわせた。が、逮捕者が増えるに従い、「部屋に入るなり、殴るけるの乱暴が始まった」という新しい供述も出ている。 また、監禁した少年の両親は、少なくとも12月下旬に1度、F子さんと少年をまじえて食事をした際、「帰りなさい」と諭したというが、これが事実なら、なぜその時に助けを求めなかったのか。 3日までに送検された3人の少年は、いずれも高校を自主退学している。 警視庁の調べでは、少年らの中学の卒業生に、暴力団員になった先輩がおり、その先輩とつき合い始めてから素行が悪くなった。だが、ひったくりや婦女暴行の非行歴はあっても、今回のようにむごたらしい事件をうかがわせる手口はなかった、という。少年たちの奥深い心理もまだ解明されていない。
  • 1989/04/05 朝日新聞夕刊
    少年4人目を逮捕 女高生殺し 埼玉
    埼玉県立八潮南高3年生F子さん(当時17)が、東京都足立区の無職少年グループに殺されコンクリート詰めで捨てられた事件で、警視庁少年2課と綾瀬署は5日午後、殺害現場となった同区綾瀬の少年宅にいて犯行に加わったとして、新たに同区内の、無職少年(17)を殺人・死体遺棄の疑いで逮捕した。この事件での逮捕者は4人目。無職少年は、昨年12月に起きた婦女暴行事件で少年院に収容中。
  • 1989/04/21 朝日新聞朝刊
    F子さんに火も 女子高生コンクリ詰め殺人事件、3少年を家裁送致
    東京都足立区の少年グループが女子高生を監禁、殺害のうえコンクリート詰めにした事件で、東京地検は20日、最初に逮捕された3人(18―16歳)の身柄を殺人、わいせつ目的誘拐、略取、監禁、婦女暴行、死体遺棄の各罪で、東京家裁に送った。20日余にわたる調べの結果、犯行は極めて悪質とみて「刑事処分が相当」との意見書を添えた。拘置されているあと1人(17)についても近く身柄を家裁に送る方針。家裁で鑑別されるが、年齢や犯行の悪質さからみて、地検に逆送され、成人の刑事事件と同様に起訴されるとみられている。 これまでの調べでは、埼玉県立八潮南高3年生F子さん(当時17)に殴るけるの暴行を加えておとなしくさせ、40日間監禁の末、今年1月4日午前7時ごろ、ふとんを汚したとしてFさんに殴るける、さらにライターの火を手足の甲に押しつけるなどして暴行し殺した。 少年らの先輩に、足立区を根城にしている暴力団員がおり、その組の青年部組織を気どって「極青会」を名乗っていた。暴力団の花売りをしたり、街でひったくりを繰り返し、F子さんの監禁中にも十数件のひったくりを重ねていた。監禁中に別の婦女暴行事件を起こしたことも自供している。
  • 1989/08/01 朝日新聞朝刊
    マージャン負けた腹いせに、死のリンチ 女高生殺害事件で検察が主張
    東京都足立区の少年グループが、女子高校生を監禁して殺害、コンクリート詰めにして捨てた事件で、わいせつ目的誘拐・略取、監禁、婦女暴行、殺人などの罪に問われた少年4人(19―16歳)に対する初公判が31日午後、東京地裁刑事4部(松本光雄裁判長)で開かれた。検察側は、殺害に至るリンチの動機について、リーダー格の少年が賭(か)けマージャンで10万円くらい負け、そのうっぷんばらしとして行われたものだった、と明らかにした。 罪状認否で少年側は、リーダー格の1人が未必の故意による殺人を認め、他の3人は、初めから殺すつもりはなく、傷害致死に過ぎないと主張した。 続いて冒頭陳述で検察側は、少年たちが、監禁して1カ月半ほどたった昨年12月下旬ごろから、女子高生の取り扱いに困り、「コンクリート詰めにして海に捨てよう」などと話し合っていた、と指摘。1人が「ドラム缶の中に、女子高生の好きなビデオや花束くらい入れてやるか」といったのに対し、別の2人が「そんなことしたら、ドラム缶が見つかったとき、だれかを決める手がかりになる」と「注意」した、と述べた。 女子高生が死亡するに至ったリンチが行われたのは、今年1月4日。JR綾瀬駅近くのマージャン屋で、3日夜から4日朝までに賭けマージャンで10万円負けたリーダー格の少年が、別の少年の家で「負けたのは女子高生のせいだ。これからいじめに行くか」と言ったのをきっかけに始まった。女子高生はすでに全身傷だらけになっていたが、少年たちは自分たちの手が汚れるのを嫌ってビニール袋で手を包んだうえで殴ったり回しげりを加えたりした、という。 少年たちは、女子高生に対する犯行のほか、2女性についての婦女暴行や、後輩へのリンチ、総額約220万円にのぼる店舗荒らしやひったくりでも起訴されている。この日、少年たちの罪状認否は、いずれも弁護人が代弁した。閉廷と同時に、ひとりが気を失って倒れた。

追加報道

p.jpg
  • 2009/02/05(木) 芸能人ブログを集中攻撃、「炎上」させる…18人立件へ 2月5日3時3分配信 読売新聞 著名人などのブログに悪意の書き込みが集中して閉鎖に追い込まれたりする問題で、 警視庁は、男性タレント(37)のブログを攻撃した17〜45歳の男女18人について、 名誉棄損容疑で刑事責任を追及することを決めた。 「殺人犯」などと事実無根の書き込みが繰り返されたという。警察庁によると、 「炎上」と呼ばれる現象を引き起こす集団攻撃の一斉摘発は初めて。 匿名を背景にエスカレートするネット世界の“暴力”に歯止めをかける狙いがある。 警視庁関係者によると、18人は大阪府高槻市の国立大職員の男(45)、 千葉県松戸市の男(35)、札幌市の女子高校生(17)ら。すでに自宅などを 捜索してパソコンや携帯電話のデータを押収、近く同容疑で書類送検する。 (2009年2月5日03時03分 読売新聞)


リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ 改名 copy   ヘルプ   最終更新のRSS