事件を見にゆく / 事件画像 / 2003
リロード  新規  編集  凍結  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 



LINEで送る
Counter:7668
Today:2
Yesterday:2
Now:4

  • レイアウト虫、乱雑謝罪:画像は大きいほうがエエでしょ

That's 2003-04

恵庭OL殺人事件

TV147.jpg
  • 恵庭市内の市道で2000年3月、苫小牧市内の会社員橋向香さん(当時24歳)が焼死体で見つかった事件で、殺人と死体損壊の罪に問われている大越美奈子被告(32歳)の判決公判が、26日午前10時から札幌地方裁判所で行われた。 遠藤和正裁判長は「被告は単独で被害者を殺害。その死体を焼損したことは、合理的な疑いを差し挟む余地がなく認定できる」と、大越被告に対して懲役16年を言い渡した(求刑は懲役18年)。恵庭OL殺人事件に1%の冤罪の可能性あり 恵庭OL殺人事件に1%の冤罪の可能性あり 恵庭OL殺人事件に1%の冤罪の可能性あり 恵庭OL殺人事件に1%の冤罪の可能性あり 恵庭OL殺人事件に1%の冤罪の可能性あり 恵庭OL殺人事件に1%の冤罪の可能性あり

恵庭OL殺人事件に1%の冤罪の可能性あり 恵庭OL殺人事件に1%の冤罪の可能性あり 恵庭OL殺人事件に1%の冤罪の可能性あり 恵庭OL殺人事件に1%の冤罪の可能性あり 恵庭OL殺人事件に1%の冤罪の可能性あり 恵庭OL殺人事件に1%の冤罪の可能性あり 恵庭OL殺人事件に1%の冤罪の可能性あり 恵庭OL殺人事件に1%の冤罪の可能性あり

  • 恵庭OL殺人の大越美奈子被告、懲役16年が確定へ  北海道恵庭市で2000年、同僚の女性を殺害して遺体を焼いたとして、殺人と死体損壊の罪に問われた無職、大越美奈子被告(36)の上告審で、最高裁第1小法廷(島田仁郎裁判長)は被告側の上告を棄却する決定をした。  決定は25日付。大越被告に懲役16年を言い渡した1、2審判決が確定する。  1、2審判決によると、大越被告は00年3月、交際相手だった同僚男性と付き合い始めた苫小牧市の会社員橋向香さん(当時24歳)を恨み、橋向さんの首を圧迫して窒息死させ、恵庭市内の市道で遺体に灯油をかけて焼いた。  大越被告は逮捕時から一貫して無罪を主張していたが、判決は被害者の携帯電話の発信場所の経路と大越被告の足取りが一致することなどの状況証拠から、大越被告による犯行と認定した。(読売新聞) - 9月27日21時42分更新-
  • 2014/04/21(月)[札幌地裁]再審、裁判のやり直しの請求棄却.殺人などの罪で同僚だった大越美奈子受刑者(43)に懲役16年の刑確定していた.弁護団は「受刑者にアリバイが成立する」と主張、裁判のやり直しを求めていた.札幌地裁は「確定した判決の認定を覆すものではなく、死体を焼損したことに疑いを生じさせるものではない。無罪を言い渡すべきことがあきらかであるとは言えない」.
  • 2017/01/10(火)[NHK] 17年前、恵庭市で同僚の女性を殺害したとして懲役16年の判決が確定した46歳の受刑者の弁護団が、被害者の死因など判決で認定された証拠は信頼性が低いとして、2度目の再審=裁判のやり直しを札幌地方裁判所に求めました。 再審・裁判のやり直しを求めたのは元会社員の大越美奈子受刑者(46歳)で、17年前の平成12年に恵庭市で同僚だった会社員、橋向香さん(当時24歳)の首を絞めて殺害し、灯油をかけて遺体を焼いたとして、殺人と死体損壊の罪で平成18年に懲役16年の刑が確定しました。 裁判で大越受刑者は一貫して無罪を主張し、平成24年にも再審を求めましたが、去年6月、最高裁判所がこれを認めない決定をしました。 大越受刑者の弁護団は10日、札幌市内で記者会見し、札幌地方裁判所に2度目の再審請求をしたことを明らかにしました。 それによりますと、確定した判決で被害者の死因は首を絞められたことによる窒息死と認定されていますが、別の専門家がその根拠となった鑑定書を分析した結果、首を絞められた際にできる内出血などの所見の記載がなかった一方で、薬物による中毒死に多くみられるという肺に体液がたまる肺水腫の所見が記載されていたということです。 しかし、当時の鑑定では遺体の薬物検査を行っていないなど、ほかの死因の可能性を検討しておらず、死因が窒息死だと断定した鑑定書の信頼性は低いとする意見書を提出したということです。 主任弁護人の伊東秀子弁護士は、「裁判所が証拠を見誤ったことが証明された。科学的に誤った判断は許せない」と主張しました。

リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ 改名 copy   ヘルプ   最終更新のRSS