事件を見にゆく / 事件画像 / 2016
リロード  新規  編集  凍結  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 



LINEで送る
Counter:851
Today:1
Yesterday:1
Now:4

2016

2016/12/13 宇都宮看護師殺害事件

ns.jpg
  • 2016/12/13 栃木県宇都宮市のアパートで12日、住人の看護師根本紗貴子(ねもとさきこ)さん(28歳)が血を流して死亡しているのが見つかった事件で、栃木県警は13日、殺人の疑いで、自称上三川町、期間社員・菅野竜容疑者(すげのりゅう・27歳)を逮捕した。 県警によると「交際していた根本さんに冷たくされた」と容疑を認めている。福島県警郡山北署員が、根本さんの軽乗用車を運転している菅野容疑者を発見。栃木県警の捜査員が宇都宮東署に任意同行した上で逮捕した。

2016/11/16 札幌市西区女性殺人事件

ka.jpg
  • 2016/11/08【札幌市西区女性殺人事件】 北海道札幌市西区発寒(はっさむ)の共同住宅で11月6日、20代の女性が死亡しているのが見つかっていたことがわかりました。北海道警札幌西署は11月8日、これを殺人事件と断定し捜査を開始。 発表によると11月6日午後2時15分ころ、札幌市西区発寒1条4丁目にある4階建て共同住宅3階の1室で、この部屋に住む作業療法士・木村安由光(きむら あゆみ)さん(23)が浴槽に沈んでいるのが見つかったということです。 同僚2人が倒れている木村安由光さんを発見し、119番通報したことで事態が発覚。これを受けて警察官や消防隊員らが現場に駆け付けたところ、その場で死亡が確認されました。 当初は事件性の有無についてわかっていませんでしたが、司法解剖を行った結果、死因は窒息死と判明したということです。北海道警は殺人事件と断定、札幌西署に捜査本部を設置し110人態勢で捜査を始めました。 なお、木村安由光さんに目立った外傷はなく、凶器になるようなロープなども見つかっていません。部屋は雑然としていたということですが、何者かに荒らされたことによるものであるかは不明。死後2日~3日ほどが経っているとみられています。 札幌西署などによると、木村安由光さんは札幌市内にある発寒中央病院に勤務していましたが、11月5日に無断欠勤したということです。 また連絡も取れなかったことから、心配した病院の同僚2人が確認しに行ったところ、部屋の玄関には鍵がかかっておらず、室内を確認すると浴槽に沈んでいる木村安由光さんが見つかりました。 札幌西署は殺人事件として、周辺に設置された防犯カメラの映像解析を進めるとともに、聞き込み捜査を行うなど、詳しく捜査を進めています。 事件が起きた現場は、札幌市営地下鉄東西線発寒南駅から南東方向に約200mほどの地点にある住宅街の一角。木村安由光さんは1人暮らしでした。
  • 2018/01/17 北海道警札幌西署の捜査本部は17日、同市北区新琴似11の17、職業不詳、熊倉昭洋容疑者(43)を殺人容疑で逮捕したと発表した。熊倉容疑者は木村さんの職場の元同僚だった。(遺体の第一発見者) 木村さんが当時、勤務先の病院を無断欠勤したことから関係者が自宅を訪問し、浴槽で亡くなっているのを見つけた。 木村さんは青森県八戸市出身。患者のリハビリを助ける作業療法士として、札幌市西区の病院で働いていた。
     
     
     
     
     
     

2016/09/26 五條堀さん行方不明事件

gm.jpg
  • 五條堀(ごじょうぼり)美咲さん(25):福岡県久留米市出身/身長149cmの痩せ型、髪は黒いセミロング/就職のために2014年2月から大分市に引っ越して、一人暮らし
  • 2016/09/25 20:30 五條堀さんの自宅に訪れた友人女性が帰宅
  • 2016/09/26 01:00 別の複数の友人とLINEでやり取り
  • 2016/09/26 06:00 五條堀さんのスマホ電波が自宅周辺で途切れる
  • 2016/09/26 13:30 仕事欠勤のため、会社が両親に連絡
  • 2016/09/26 18:00 両親が五條堀さん自宅に入るが本人は不在
  • 2016/09/26 夜 両親が県警に捜索願届け出
  • 2016/10/06[県警]行方不明を発表.公開捜索開始
  • 2016/10 友人が送ったメッセージが「既読」に→五條堀さんのスマホ以外の端末からのアクセスとみられる

201604沖縄・うるま市殺人事件

sr02.jpg
  • 2016年4月28日午後8時頃、島袋里奈さん(20歳・会社員・沖縄県うるま市)が交際相手に「ウォーキングしてくる」とLINEをした後、行方がわからなくなり、5月19日に恩納村の雑木林で遺体が見つかった。 その後の調べで 元米海兵隊員で米軍所属のシンザト・ケネフ・フランクリン(当時33)が 島袋里奈さんへの殺人や強姦致死などの容疑で逮捕された。 4月28日午後10時頃、自宅から4キロほど離れた工場地帯で、島袋里奈さんはフランクリン容疑者から棒で殴る・首を絞める・刃物で刺すなどの暴行を受けて殺害されたとされる。 フランクリン容疑者は遺体をスーツケースに隠し、車で恩納村の山林に運んで遺棄した。
  • 2017/11/16[NHK]沖縄 女性殺害 元米軍属の初公判 殺人の罪を否認 沖縄県うるま市で20歳の女性を乱暴しようと暴行して殺害した罪などに問われている、アメリカ軍の元軍属の裁判員裁判が始まり、被告は「殺すつもりはなく、殺してもいない」と述べ、殺人の罪について否認しました。 一方、検察は、「首の近くをナイフで刺すなどしていて、殺意は認められる」と主張しました。 アメリカ海兵隊の元隊員で、沖縄県の嘉手納基地で働いていた元軍属のケネフ・シンザト被告(33)は、去年4月、うるま市の路上でたまたま通りかかった当時20歳の会社員の女性を乱暴しようと、頭を棒で殴るなどの暴行をし殺害したとして、殺人などの罪に問われています。 この事件の裁判員裁判が那覇地方裁判所で16日から始まり、シンザト被告は、乱暴しようとしたことや遺体を遺棄したことは認めた一方、「殺すつもりはありませんでしたし、殺してもいません」と述べて、殺人の罪を否認しました。 そのうえで「計画では、気絶させてホテルに連れて行き乱暴したうえで解放するつもりだったが、思いどおりにいかなかった」と述べました。また弁護士は、「被告に殺意はなく、乱暴しようと地面に倒したときに女性が頭を強く打ったことが死亡の原因となった可能性がある」と主張しました。一方、検察は、「女性の頭を棒で殴ったうえ、首の近くをナイフで刺すなどしていて、殺意は認められる」と主張しました。 審理は16日を含めて3回行われ、来月1日に判決が言い渡される予定です。

2016/03 美人結婚詐欺師逮捕事件

ks.jpg
ks02.jpg
  • 2016/03/04(金) [FNN] 26歳の女が49歳の男性への結婚詐欺の疑いで逮捕された。被害総額1300万円。魅力的なルックスに派手な装い。 しかし、男性がお金を渡してしまった理由は、それだけではなかった。 胸を強調するかのような水着姿で、ほほ笑む女。石丸理恵容疑者(26)。 会社役員の49歳男性に結婚をほのめかし、金をだまし取った疑いが持たれている。 男性の被害総額は、1,300万円。これほどの大金を、どのようにしてだまし取ったのか。 近所の人は、「ちょっと派手めなお孫さんやな」、「派手、ほんで、すっごいボイン。背は低いんやけども。よそのおっちゃんたちから見たら、 ちょっとこれやしね、声かけてみようかなって、思わはんのちゃうかな」などと話した。 近隣住民の印象は、派手で魅力的なルックス。しかし、それだけではない様子。 近所の人は「口が上手。男の人をうまいこと手玉に取ったんかなと思う」と話した。 男心をくすぐる、巧みな話術を指摘する人もいた。 その話術が被害男性に向けられたのは、今から7年前。 石丸容疑者のアルバイト先のスナックに、客として被害男性が来店した。翌年には、交際に発展。 さらにその1年後、「韓国に留学するので、500万円貸してほしい」と要求。 韓国に渡った石丸容疑者の要求は、さらにエスカレート。 「将来2人が生活する家のリフォーム代を350万円出してほしい」、「さらにリフォームで250万円が必要になった」と要求。 「2人で生活する」と、結婚して暮らすことをにおわせ、家のリフォーム代も振り込ませる。 その3カ月後、男性は石丸容疑者に思いを伝える。「留学から戻ってきたら、一緒に生活しようね」と、プロポーズとも取れる告白。 これに対して、石丸容疑者は「今、一緒に住んでいる両親が1,000万円の借金を背負っている。その借金を返すために、 お金持ちのぼんぼんとの見合い結婚を迫られている」と話した。 この言葉に男性は、石丸容疑者に、さらに200万円を手渡した。 しかし、この時、石丸容疑者には韓国人の交際相手がいた。その後、韓国人男性と結婚までしていた。 そのうえ、石丸容疑者は総額1,300万円を渡した、49歳男性に対して、「もう、あなたとは会わない」と返答。 男性が「200万円を受け取ったのに、一方的に別れるってどういうこと?」と問いただすと、 石丸容疑者は「200万円もらっただけや! だましていない」と主張。さらに、「結婚を前提に交際をしたことはない」と否認。 近隣の住民たちは「(やったことが結婚詐欺ってことは?)ありかな。派手すぎて、あぁっていう感じ」と話した。 石丸容疑者は、男性から民事裁判を起こされ、敗訴していた。 しかし、いまだに、お金を返していない。 警察の調べに対しても、「身に覚えがない」と容疑を否認している。

2016/02/29 福岡女子予備校生刺殺事件

  • 2017/10/31(火) 14:48配信 読売新聞 福岡市西区で昨年2月、同じ予備校に通っていた北川ひかるさん(当時19歳)を 殺害したとして、殺人罪などに問われた元少年(21)の裁判員裁判で、福岡地裁は 31日、懲役20年(求刑・懲役22年)の判決を言い渡した。 平塚浩司裁判長は「犯行は執拗(しつよう)であまりに残忍だ」と述べた。 判決によると、元少年は19歳だった昨年2月27日夜、福岡市西区の路上で、 北川さんの首や顔などをナイフで多数回突き刺し、頭をおので殴るなどして殺害した。 弁護側は「犯行当時、統合失調症による影響で心神喪失か心神耗弱状態だった」と主張したが、判決では、元少年が犯行直後に交番に自首したことなどを挙げ、「物事の善悪を判断する能力は十分に保たれていたことは明らか。完全責任能力があった」と判断。以前にも凶器を持って北川さんを待ち伏せしており「決して偶発的な犯行でない」と指摘した。 事件後、北川さんには志望校の大阪大学から合格通知が届いた。平塚裁判長は 「将来のある若さで突如命を奪われた。無念さは察するに余りある」と述べた。 北川さんの遺族は代理人弁護士を通じ、「娘に非がなかったということを認めていただき、名誉を守ることはできましたが、娘が帰って来ないことに変わりはなく、悲しみは拭えません」とのコメントを出した。 地裁に駆けつけた北川さんの高校時代の友人女性(21)は「被告には更生する機会があるが、 ひかるに『これから』がないと思うとやりきれない。被告はしっかり罪を償ってほしい」と話した。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00050087-yom-soci
  • 2016/02/29[asahi]福岡市西区の路上で2016/2月27日夜、予備校<駿台福岡校>生の北川ひかるさん(19)=同区=が刺されて殺害された事件で、同じ予備校に通う少年(19)=同市中央区=が事件直後に交番に出頭した際、「(北川さんに)ばかにされたと思った」と話したことが捜査関係者への取材でわかった。福岡県警は2人の関係を慎重に調べる。 県警によると、北川さんの死因は出血性ショックで、首や顔などに数十カ所の刺し傷や切り傷があった。現場には血の付いたナイフ2本とおのが残されていた。少年が事前に複数の凶器を準備し、計画的に北川さんを襲った可能性があると県警はみている。 捜査関係者によると、少年が近くの交番に出頭した際、知り合いの北川さんを刺したと話し「ばかにされたと思い腹が立った」などと説明したという。指の付け根に切り傷を負って入院しており、県警は回復を待って殺人容疑で逮捕する。
  • 北川ひかるさん(19)県立熊本高校偏差値73を卒業し 九州大学には現役合格していて、東大合格を目指して予備校に通っていたようだ<阪大受験者>。 すでに今月26日、27日に受験を終えていて、合格発表が3月10日(木)...中学時代は生徒会長を務め、剣道部...
  • 父洋二さん(53)「子どもの頃から学校の先生になりたいと言っていた。正義感が強い子だったので、検事が向いているんじゃないかと助言した。それで法学部を受けたのかもしれない」(熊日03/01)
    kh.jpg
  • 2017/10/31福岡地裁[裁判員裁判](平塚浩司裁判長)懲役20年(求刑懲役22年)

2016/02/12 中米美人演奏家殺害殺害事件

na.jpg
  • 2016/02/12(金)[産経新聞 2月12日(金)9時10分配信] 中米で日本人女性殺害、演奏家の長木谷麻美さんか 首に絞められた跡 中米トリニダード・トバコの首都、ポートオブスペインの公園で10日、日本人女性の遺体がみつかり、首に絞められた跡があったことから、 現地警察は殺人事件として捜査を始めた。地元メディアなどが11日報じた。 被害者の身元について、現地警察は、演奏家で同国を訪れていたナガキヤ・アサミさんと発表。北海道出身のスティールパン奏者、 長木谷麻美さん(30)が、自身のホームページなどで同国訪問中であることを明らかにしており、ツイッターの更新は今月8日が最後だった。 長木谷さんは同国のカーニバルに合わせて入国していたという。報道によれば、遺体はビキニのようなカーニバル用の コスチューム姿だったといい、路上生活者が発見した。司法解剖の結果、絞殺と判断された。 長木谷さんは神奈川県内の音楽大学で打楽器を専攻。ドラム缶から作られた同国独特の打楽器「スティールパン」を始め、卒業後、演奏家として活動していた。
  • 公園の草むらでうつぶせの状態.切り傷やあざなどの外傷.
na2.jpg
  • 北海道苫小牧市出身
  • 幼少期よりエレクトーンを始め、中学、高校と吹奏楽部に所属し打楽器を担当。その後2006年洗足学園音楽大学音楽学部打楽器科入学後にSteelpanと出会い楽器に触れ、大学卒業後にSteelpan奏者として本格的に活動開始。 2008年-2013年Steelband PAN NOTE MAGICとして活動後、2013年九月には香港でThe 10th anniversary celebrations for a law firmというイベントにソロ出演。その他ライブやレコーディングなど、様々な場所で演奏を行っている。 現在自身のバンドOTSKで2nd albumを製作中。
  • ドラマー村上PONTA秀一氏や、バイオリニスト中西俊博氏、シンガー神谷えり氏、ベース水谷浩章氏など、日本を代表するミュージシャンと共演している。
  • 2012年〜2015年には、Steelpanの本番トリニダード・トバゴで本場のpanoramaにsilver stars、codrington pan family steel orchestraなど、現地のバンドに複数参加。2012年,2015年三位入賞。
  • FB
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

Add



リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ 改名 copy   ヘルプ   最終更新のRSS