事件を見にゆく / 徳島県阿南市自衛官殺人事件
リロード  新規  編集  凍結  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 



LINEで送る
Counter:4093
Today:1
Yesterday:0
Now:4

徳島県阿南市自衛官殺人事件

  • 2005/04/21 自衛官死亡 「事件性なし」

平成11年に、徳島県阿南市で遺体で見つかった自衛官の遺族からの告訴について、 徳島地方検察庁は「他殺ではない」と判断していましたが、徳島検察審査会も 遺族の主張を退け、検察庁の判断を支持する議決をしました。  平成11年12月に、徳島県阿南市の橋の下で遺体で見つかった吉野川市出身の 自衛官、三笠睦彦さん(当時33歳)について、遺族は「数人の男に暴行を受け 橋の上から投げ落とされて殺害された」と主張しています。  遺族は、容疑者を特定せずに殺人の疑いで告訴をしましたが、警察に続いて 徳島地方検察庁も、「他殺ではない」と判断し、不起訴としたことから、去年10月、 検察審査会に審査を申し立てていました。これについて、徳島検察審査会は、 ▽遺体が見つかった場所に橋から投げ落とすことは物理的にできない。 ▽複数の証言から橋の上で人が争ったとは認められない、などと指摘したうえで、 「検察と警察はできる限りの捜査をしており、第3者が関与しているとする 遺族の主張には整合性が見いだせない」として、「他殺ではない」とした検察庁の 判断を支持して、告訴を不起訴としたのは相当との議決をしました。 NHK htp://www3.nhk.or.jp/news/2005/04/21/k20050421000143.html

Add



リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ 改名 copy   ヘルプ   最終更新のRSS