事件を見にゆく / 那珂町派遣会社OL殺人事件
リロード  新規  編集  凍結  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 



LINEで送る
Counter:8133
Today:1
Yesterday:0
Now:2

茨城県那珂町派遣会社OL殺人事件まとめ

被害者 小瀧寛子さん(37)
那珂町菅谷 国道349号から入った住宅地の一角のアパート  2階真ん中の部屋
○小滝さんは二週間に一回は水戸市堀町の実家に帰っていた
○財布と携帯電話が入ったバッグ 財布には現金約千円とカード
○和室には布団が敷かれていた
○クリーム色のブラウスに黒いスカート姿 
○寝室の押し入れで、布団の間に挟まっていた (布団の間にあお向け)
○キャッシュカードや部屋の鍵、車のキーなどがなくなっていた
○台所と和室の引き出しがいくつか開けたまま
○遺体発見時に電気はついていない
○犯人は寛子さんが使っている鍵で玄関を施錠し、寛子さんの軽ワゴン車で立ち去った
○自宅近く(500湛馥傘茲ぁ砲離譽好肇薀鵑如⊂滝さんの乗用車(鍵つき)が発見
1994/04    水戸市内の派遣会社に人材登録 
1997?    現アパートへ引越 (6年前)
2000-2001   二、三年前からひたちなか市内の事業所に派遣
2003/03/17 午後8時ごろ、勤務先のひたちなか市内の事業所を退勤
2003/03/17- 午後8時半ごろ アパートの室内で手で首を絞められ、殺害か
2003/03/18 夜、父親(母親との報道もあり)が那珂署に捜索願←テニス部仲間連絡
2003/03/20 両親らが、業者を呼んで部屋の鍵を開けたところ、小滝さんの遺体を発見
2003/03/22 司法解剖 死後四、五日経過 死因を頚部圧迫による窒息死(扼殺)
  • 17日午後11時15分ごろ、アパート近くのレストラン駐車場を映す防犯カメラに男A
  • 寛子さんの車のトランクから荷物を取り出して立ち去る
  • 18日午前9時10分ごろの水戸市城南「水戸信用金庫本店」のビデオ
    ヘルメット、ATMで約170万円引出し
    男Bは身長約170センチ、黒色のフルフェースヘルメット
    白色の長袖シャツに灰色の作業ズボン姿 Aと違う服装
  • 18日は事業所のテニス部仲間と栃木県宇都宮市に出掛ける予定だった
2003/08/19 ATM男の写真を公開
2003/12/13  遺族会を結成、懸賞金100万円
  • 父、墓前で無念の日々 那珂・女性殺害事件 那珂町のアパートで2003年7月、派遣会社員の小滝寛子さん(当時37)が殺害されて見つかった事件は、発生から間もなく9カ月を迎える。那珂署の捜査本部は3月末までに、延べ7500人の捜査員を動員し、小滝さんの口座から現金を引き出した男を探しているが、有力な情報は得られていない。両親は「1日でも早く解決を」と懸賞金100万円を出し、ビラを配って情報提供の呼びかけを続けている。18日には、ひたちなか市の那珂湊付近で配る予定だ。 寛子さんの父寛治さん(68)の1日は午前6時に始まる。起きてすぐ、片道約30分の道のりを歩き、墓参りをする。「きょうも来たぞ」と寛子さんに声をかける。 生前、寛子さんは寛治さんの住む水戸市の実家によく帰っていた。寛治さんは「ああ、来ていたのか」と思っても、口にはしなかった。心は通じても、器用ではない父娘だった。「もっと話すことはあったのに。突然断ち切られてしまった」 朝の1時間を、寛子さんと心で会話しながら過ごすのが寛治さんの日課になった。「なんでこんな目にあったんだ」。しかし、墓前で問いかけても返事はない。  事件から約5カ月たった昨年12月、事件の早期解決を願い、有力な情報提供者に懸賞金100万円を出すことを決めた。県内では初めてだ。捜査が難航しているという話を聞き、立ち上がる決意をした。くよくよと待っていたら参ってしまいそうだったからだ。 以来ほぼ毎月1回、水戸市周辺で週末、親類や寛子さんの仕事仲間と情報提供を求めるビラを配ってきた。捜査本部には3月末までに200件の情報が寄せられたが、最近はほとんどない。事件が忘れられてしまうのが最も怖い。  事件後、寛治さんは自分の乗用車を処分し、寛子さんが乗っていた軽ワゴン車に乗り換えた。遠出するときは、寛子さんの指輪を小指にする。寛子さんに守られていると感じる。父として、家族として、寛子さんを一日も早く安らかに眠らせてやりたいと思っている。 ■遺体隠し室内物色 寛子さんは7月17日午後8時半ごろ、勤務先から帰宅直後に、アパートの室内で手で首を絞められ、殺害されたとみられている。発見時は寝室の押し入れで、布団の間に挟まっていた。 捜査本部は、犯人が寛子さんを殺害後、2時間近く室内で各部屋の引き出しを開け、指紋などをふき取るなどしていたとみる。しかし、寛子さんの部屋で悲鳴や大きな物音を聞いたアパートの住民はいない。犯人は寛子さんが使っている鍵で玄関を施錠し、寛子さんの軽乗用車で立ち去った。 ■2カ所のビデオ 17日午後11時15分ごろ、アパート近くのレストラン駐車場を映す防犯カメラには、寛子さんの車のトランクから荷物を取り出して立ち去る男が映っていた。18日午前9時10分ごろの水戸市内の信用金庫のビデオには、小滝さんのカードで現金を引き出す男が映る。ヘルメットをかぶって店内に入り、ATMで現金を引き出した。駐車場の男とは違う服装だった。  捜査本部は、画像が比較的鮮明な、現金を引き出した男の特定を急いでいる。地元の地理に詳しい人物とみて、髪形を手がかりに、那珂町周辺の理髪店を中心に聞き込みをしているが、特定には至っていない。県警は大学の研究所などにも依頼し、2種類のビデオを解析したが、同一人物かどうかは断定できていない。 ■絞りきれない動機 捜査線上にはこれまで、寛子さんの交友関係から数人が浮上したが、いずれもアリバイなどがあり、ビデオの男とも別人だった。しかし、「通りすがりの泥棒なら、逃げにくい2階の真ん中の部屋を狙う必要はない」と捜査幹部は言う。  捜査が難航している背景には、金銭目的と恨みの両面で捜査せざるを得ないことがある。「ビデオの男が割り出せれば、捜査は一気に進展する。とにかく情報が欲しい」と話す。 http://mytown.asahi.com/ibaraki/news02.asp?kiji=7310
  • http://www.ibaraki-np.co.jp/contents/news/2003/news/1-4.htm 那珂町菅谷のアパートの部屋で会社員、小滝寛子さん(37)が遺体で見つかった事件で、那珂署と県警捜査一課は二十二日、司法解剖の結果、死因を頚部圧迫による窒息死と断定、殺人事件として同署に捜査本部を設置した。捜査本部は、小滝さんの交友関係などを調べるとともに、アパート周辺で不審な人物が目撃されていないか捜査している。 調べでは、小滝さんは和室の押し入れの布団の間からあお向けで見つかった。首を絞めて殺害されたとみられ、死後四、五日経過していた。  クリーム色のブラウスに黒いスカート姿で、十七日午後八時ごろ、勤務先のひたちなか市内の事業所を退勤した時と同じ服装とみられるという。和室には布団が敷かれていた。  室内には、財布と携帯電話が入ったバッグが残されており、財布には現金約千円とカードが入っていたという。  室内は整然としているが、台所と和室の引き出しがいくつか開けたままになっていた。遺体発見時に電気はついていなかった。  小滝さんは一九九七年四月、水戸市内の派遣会社に人材登録。二、三年前からひたちなか市内の事業所に派遣され、経理を担当していた。 十八日は事業所のテニス部仲間と栃木県宇都宮市に出掛ける予定だったが、待ち合わせ に現れず、不審に思った仲間がアパートや家族に連絡。同日、父親が那珂署に捜索願を出していた。 両親らが二十日、業者を呼んで部屋の鍵を開けたところ、小滝さんの遺体を発見した。捜査本部は携帯電話の発信履歴を調べるなどして、十七日夜以降の足取りの解明を進めている。
  • 「恨まれるはずない」  肩落とす知人 「とても優しい女性。恨まれるようなことはないはず」。那珂町のアパートの部屋で殺害されているのが見つかった小滝寛子さん(37)の知人らの間には、驚きの声が広がった。 小滝さんのアパートは、国道349号から約五百?入った住宅地の一角。周囲には商業施設や飲食店もあるが、夜間は人通りが少ないという。 親族らによると、小滝さんは二週間に一回は水戸市堀町の実家に帰り、近所の人と顔を合わせれば進んであいさつをするなどまじめな性格だったという。  実家の近くに住む女性(67)は「小さいころは親せきの子どものようにかわいがったのに。信じられない」と声を詰まらせた。元職場の同僚は「明るく人当たりのよい人だった。恨みを買うような人ではない」と沈痛な表情で話した。家主らの話によると、小滝さんは六年前に引っ越してきたが、近所とのトラブルなどはなかったという。  小滝さんが登録していた人材派遣会社の派遣責任者の男性(46)は「どの職場でも才能を発揮できる優秀な女性だった」と話し、肩を落とした。
  • 女性変死:殺人事件の可能性 自宅の鍵なく 茨城県警 20日夕、茨城県那珂町菅谷、会社員、小滝寛子さん(37)方で、小滝さんの変死体が見つかった事件で、茨城県警那珂署は17日午後から小滝さんの行動がつかめず、自宅の鍵がなくなっていることなどから、殺人事件の可能性が強いとみて、22日に司法解剖して死因を調べる。  小滝さんは現場のアパートで一人暮らし。17日午後に勤め先を退社し、同日夜には家族と連絡が取れなくなった。翌18日には友人との待ち合わせに現れず、不審に思った母親の君代さん(58)が小滝さん方を訪問。鍵が閉まり、応答がなかったため、同日夜、那珂署へ捜索願を出した。君代さんは20日夕、業者を呼んで鍵をこじ開け、遺体を見つけた。自宅の鍵がなくなっており、自宅近くのレストランで、小滝さんの乗用車が発見されている。[毎日新聞7月22日] ( 2003-07-22-00:45 )
  • 2003/12/13-05:55 女性殺害で遺族が懸賞金=「逮捕まで仏壇買わぬ」と父−茨城 「犯人が見つかるまで仏壇は買わない。願を掛けて待ちます」。7月20日、茨城県那珂町菅谷の会社員小滝寛子さん=当時(37)=が自宅アパートで絞殺されているのが見つかった事件で、水戸市に住む父親の寛治さん(68)らが13日午後、遺族会を結成、懸賞金100万円で犯人につながる情報提供を呼び掛ける。 http://g.msnco.jp/jp!s4.17706_177932/62.a1762/11??cm=IsoNIBHl4
  • http://www.ibaraki-np.co.jp/contents/news/2003/news/1-3.htm 二十日午後四時五十分ごろ、那珂町菅谷のアパートの一室で、この部屋に住む会社員、小滝寛子さん(37)が死亡しているのを、母親の水戸市堀町、無職、小滝君代さん(58)が見つけ、一一〇番通報した。小滝さんに自殺するような動機はなく、持病もないという。那珂署と県警捜査一課は、小滝さんが事件に巻き込まれた可能性もあるとみて二十二日に司法解剖し、死因を特定する。発見時、遺体は押し入れ内にあったとの情報もあり、同署などで捜査している。  調べによると、小滝さんは一人暮らし。スカートにブラウス姿で敷布団の上にあおむけで、遺体の上に掛け布団がかかっていた。外傷は見つかっていない。部屋には鍵がかかり、室内に荒らされた様子はなかった。小滝さんの車がアパートから約五百?b離れた駐車場で発見された。  小滝さんは十七日夕方に勤務先を退社後、連絡がつかなくなった。十八日午後、家族が同署に捜索願を出していた。
  • http://news.tbs.co.jp/ 茨城県 那珂町のアパートで、1人暮らしの女性会社員が死亡しているのが見つかった事件で、この女性の車が自宅アパートから500メートル離れたところで見つかりました。 この事件は20日夕方、那珂町菅谷のアパートで、人材派遣会社に勤める小滝寛子さん(37)が、外出着を着たまま、布団がかぶさった状態で死亡していたものです。  現場からは、 部屋の鍵と小滝さんが通勤に使っていた車がなくなっていましたが、その後、車が自宅アパートから500メートル離れた国道沿いにある商店の駐車場で、鍵がかかったまま見つかりました。  茨城県警では、小滝さんの車で小滝さんと一緒に行動した人物がいて、その後、事件に巻き込まれた可能性もあるとみており、22日、遺体を司法解剖して捜査を進める方針です。(21日 18:13)
  • 不審な男の写真公開、茨城の女性殺害で県警  茨城県那珂町のアパートで派遣会社社員小滝寛子さん(37)が絞殺体で見つかった殺人事件で、県警捜査本部は19日、事件直後に金融機関で小滝さん名義の口座から百数十万円を引き出す不審な男の写真を公開した。捜査本部は男が事件に関与した疑いが強いとみて、強盗殺人容疑も視野に捜査している。  調べでは、小滝さんは7月17日夜から同18日未明にかけ、自宅で首を絞められ殺害されたとみられる。直後の18日午前9時10分ごろ、水戸市城南の「水戸信用金庫本店」で、小滝さん名義の地方銀行預金口座から現金自動預払機(ATM)で現金を引き出す男が防犯カメラに写っていた。  男は身長約170センチ、黒色のフルフェースヘルメットをかぶり、白色の長袖シャツに灰色の作業ズボン姿だった。ATMの前に3―4分間立ち、数回の操作で預金のほぼ全額を引き出した。  小滝さんのアパートから、使われたキャッシュカードや部屋の鍵、車のキーなどがなくなっていた。〔共同〕 (19:40)http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20030819AT3K1903M19082003.html
  • 茨城の派遣社員殺害、犯人情報に遺族が懸賞100万円(読売新聞)  茨城県那珂町で7月、派遣会社員小滝寛子さん(当時37歳)が殺害された事件で、遺族が犯人逮捕につながる情報の提供者に懸賞金100万円を出すことを決めた。 事件から4か月余り。小滝さんの父寛治さん(68)と母君代さん(59)は「娘にしてやれることは、これしかない」と話している。 県警の調べでは、小滝さんは7月20日夕、アパート自室の押し入れで、絞殺されているのが見つかった。室内で争った形跡がないことなどから交友関係を中心に捜査を進めたが、小滝さんの周辺に不審者は見当たらず、行きずりの犯行の可能性も捨てきれないとして幅広く捜査している。 犯行は同17日夜から翌18日未明の間とみられ、18日朝には水戸市内の信用金庫の現金自動預け払い機(ATM)から、30―40歳代とみられる男が小滝さんの預金約170万円を引き出したことが分かっている。両親は「犯人が人の心を持っているなら、出頭して真実を明らかにしてほしい」と呼びかけている。 http://newsflash.nifty.com/news/tk/tk__yomiuri_20031206i404.htm [読売新聞社:2003年12月06日 16時20分]
  • 平成15年7月20日(日)の午後、那珂町菅谷地内のアパート自室で、会社員小瀧寛子さん(37歳)が、他殺体で発見されました。小瀧さんが普段使っている軽自動車は、近くの駐車場に駐車されていました。 小瀧さんの7月17日夕方以降の足取りが掴めていません。 ○付近で不審な車、人を見かけた ○現場方向から、または、現場方向へ向かう車両、人などを見かけた ○被害者小瀧さんに関すること ---

リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ 改名 copy   ヘルプ   最終更新のRSS