事件を見にゆく / 200605秋田連続児童殺害事件
リロード  新規  編集  凍結  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 



LINEで送る
Counter:3806
Today:1
Yesterday:0
Now:2

P02

秋田連続児童殺害事件 :note

  • 2006(H18)/04/10 小学校4年生の女子児童が川で水死体となって発見、さらに05/08午後 被害女子児童の2軒隣の男子児童が川岸で遺体で発見された事件
szk.jpg

■これには二つの児童死亡がからんでいるので表題のようにした.巷間は「男児殺害事件」としていた.

  • 母親に事件担当婦警が「事故死の方が『救われる』でしょ」といったとテレビで証言=これがすべてではないか←死亡原因についての市民と口裏をあわせようとしているわけだ--といったらしいが、これがここの署員の体質をあらわしている.救われるのは捜査せず一件落着できる公務員の方なのである.他殺死体の事故死処理が過去に日常的に行われていたのであろう.秋田の自殺率は高すぎる...そうだ. \遒鯲されたのに死後硬直.溺死なのに死斑が有る. ⇒邁嫉猖瓦覆蘋験菷娠が出る. 死体検案書には頭部の骨折・首の骨折未記載. じ警本部長が県議会で「遺体に事件性無し」と追認 シ抻仝い真っすぐ川に行ったとか・・・あくまでも事故に見せかけての事件処理が組織的に行われた模様.無能は無能でいいのだが、この無能連中(他ならぬ容疑者が一番良く知っていた)、証拠を作り変えているから困る...
  • 「TVのチカラ」のような彼らより調査能力(真相に近づくことに不利益を生じない)がある番組が事件を伝えてしまうと、姑息な闇処理、闇数増加処理がいとも簡単に崩れてしまう.なんとしてでもこの種の番組をどんな手をつかってもつぶすチカラが働くことは自明であった.
 
 

概 要

hs.jpg
  • 10/09/11 最高裁上告棄却 無期懲役確定(推定記載)<被害者側が望む判決:破棄自判or高裁差戻→死刑判決>←推定誤り
  • 09/05/19弁護側が上告取下(地裁が下した無期懲役判決が確定)
  • 09/04/08[弁護側]上告
  • 09/04/08[仙台高検]上告断念(上告期限)
  • 09/03/25 10:00 仙台高裁秋田支部(竹花俊徳裁判長)無期懲役 弁護側のみ日上告
  • 09/01/30[仙台高裁秋田支部](竹花俊徳裁判長)[第6回]検察側死刑、弁護側有期刑求む.結審.
  • 09/01/08[東京地裁][第5回]非公開.
  • 09/12/17[仙台高裁秋田支部[(竹花俊徳裁判長)[第4回控訴審] 10:00- 証拠調べ
  • 08/10/29[仙台高裁秋田支部](竹花俊徳裁判長)[第3回控訴審] 10:00-被告人質問と、米山豪憲君=当時(7)父、勝弘さんに証人尋問
  • 09/10/16[仙台高裁秋田支部](竹花俊徳裁判長)[第2回控訴審]
  • 08/09/25[仙台高裁秋田支部](竹花俊徳裁判長)](控訴審第1回公判)原告被告控訴. 検察側:「非道極まりなく、身勝手な犯行」などとして改めて死刑求刑.弁護側:豪憲君殺害時は心神耗弱...有期懲役刑主張.精神鑑定請求(支部判断保留).
  • 08/03/19 [第14回公判]秋田地裁[裁判長・藤井俊郎]無期懲役...殺意と責任能力を認め、いずれも「衝動に駆られて及んだ犯行」と計画性は認めず
  • 08/03/19 秋田地裁 無期懲役判決(検察死刑求刑) 被告控訴(推定記載)<アタリ!><検察控訴でハズレ!><根性のある成績優秀な裁判官を地方には置けないだろ>
  • 08/01/26 秋田地裁 検察死刑求刑.
  • 07/12/21 第12回公判 弁護側精神鑑定担当 生協さくら病院(青森)の精神科医西脇巽氏に対する鑑定人尋問.
  • 07/09/12 [秋田地裁]公判開始(藤井俊郎裁判長)
  • 06/08/09 彩香ちゃん殺人で起訴・併合審理
  • 06/09/04 杵淵智行本部長「『事故の可能性が高い』と判断したが、もっと慎重にすべきだった。責任は組織全体にある」(県議会教育公安委員会報告).
  • 06/08/09 彩香さん殺害事件(一転否認)、追起訴.
  • 06/07/18 彩香ちゃんに対する殺人容疑で再逮捕.
  • 06/07/17 秋田地検 豪憲君事件での殺人罪で畠山容疑者を秋田地裁に起訴.
  • 06/07/14 彩香ちゃん事件:「欄干に上り川を見ていたが足を滑らせて転落」と供述変更=「毎日」報道
  • 06/06/25 男児殺人で再逮捕.
  • 06/06/21 スズカ連れ遺棄現場実況見分.(5:30〜)
  • 06/06/10 自宅現場検証.13:00-約3時間.
  • 06/06/09 池条有朋、有坂秀樹両弁護士会見.自宅再捜索20人.
  • 06/06/08 自供と発表.
  • 06/06/05 送検.
  • 06/06/04 元遊技店店員、畠山鈴香容疑者(33)(豪憲君の2軒隣)を死体遺棄容疑で逮捕(県警能代署捜査本部) --遺体付着毛髪と畠山鈴香容疑者のDNAが一致.
  • 06/06/04 午前6時前 殺人死体遺棄容疑で同じ団地に住む畠山鈴香の実家などの捜索開始.
    • 首に網目のような痕跡.左耳の下辺り:太さ5ミリほどの絞めあと2本.3、4cmほどの間隔.ずれたような形跡.
  • 06/06/04 秋田弁護士会あて便せん8枚の手書きの手紙.「うわさや憶測だらけの週刊誌が出ていてとても傷ついた」(日付06/04)
  • 06/05/28 彩香ちゃん四十九日法要.
  • 「何があったのか知りたい」 鈴香さんは「誤って川に落ちた」との見方について、「一人で川に行くとは考えられない。警察の人には『お母さん、事件より事故の方が気持ちが救われるでしょう』と言われ、悔しい思いをした」などと話した。 四十九日法要は、鈴香さんら身内だけで行われた。祭壇周辺には彩香ちゃんが好きだったという人気キャラクターのピカチューの縫いぐるみやランドセルなどが置かれた。法要後、彩香ちゃんの叔父が、遺体が見つかった藤琴川河川敷に花束とお菓子、ジュースを供え、冥福を祈った。
  • 06/05/18日午後3時ごろ 秋田県能代市二ツ井町荷上場下中島の米代川川岸近くの道路脇草むら.死亡男児発見.能代署:17日夕から行方不明の秋田県藤里町の自営業米山勝弘さん(39)の二男豪憲君(7)=町立藤里小1年=と確認.
    • 司法解剖の結果、豪憲君は首を絞められたことによる窒息死.秋田県警捜査1課は殺人事件と断定し、能代署に捜査本部を設置. 死亡推定時刻は17日午後4時から午後6時の間.
  • 06/05/17 21:00過ぎから翌02:00まで警察Aママ事情聴取.
  • 06/05/17 20:00前 自宅に戻る.G君宅訪問.畠山の母親が運転して鈴香を同乗.「連絡がきてから鈴香がすごく興奮していたから送ってきた」
  • 06/05/17 20:00ごろ 同級生の家族よりG君行方不明の電話をうける.
  • 06/05/17 20:00ごろ
  • 06/05/17 6:20PM 藤里小学校1年の米山豪憲(ごうけん)=G君(7)=藤里町粕毛字家の後=が学校から帰宅しないと、父親から能代署に110番通報.
  • 06/05/17 母律子16:00まで市内スーパーで働く.「帰宅後は、畠山容疑者が買物に出掛けた約10分間を除きほぼずっと一緒」.
  • 06/05/17 16:30頃 実家到着、スーパーに買い物の途中で死体遺棄?
  • 06/05/17 16:15 実家に移動(知人にすれ違い時に車を目撃される).
  • 06/05/17 15:30 車のトランクに豪憲君を荷積みする(目撃される).
  • 06/05/17 15:28 豪憲君を殺害.「彩香の思い出に何かもらってほしい」と自宅に入れ、彩香さんの部屋の前で絞殺.
  • 06/05/17 15:25 豪憲君が友達と別れる.
  • 06/05/17 14:00ごろ?実家から自宅に戻る.
  • 06/04/19 AX「テレビのチカラ」取材受く.
  • 06/04/11 県警事故断定.「事故の可能性が高い」と発表.同署は同日、捜査態勢80人から20人に縮小.
  • 06/04/10 畠山彩香ちゃん水死遺体発見.頭蓋骨亀裂骨折.自宅近くで少々検問.
    • 米山さん方の2軒隣の畠山彩香ちゃん=当時(9)、藤里小4年=が06/4月9日に友達の家に遊びに出掛けたまま帰宅せず、翌10日、今回遺体が見つかった現場から約2キロの藤琴川で水死体で発見.
  • 死後硬直、遺体赤み、骨折あり(06/18報道)・・・他所殺害説が根強い.
  • 06/04/09 畠山彩香ちゃん(9)行方不明.
    • 00:00過ぎ 綾香ちゃん帰宅.
    • 当日商店でカップ焼きソバを買う(160円).最後の食事か.「おばちゃん、このプリンいくら?」「このガムは?」「わかりきった値段を聞く、かまってほしいんだとおもいました」.帰り際「気をつけてね」に対する「笑顔が忘れられない...」
    • 当日男が出入り.(「3人ほどの男が事情聴取」有田)
  • スズカといったん外出.オモチャを買ってガソリンスタンド.
  • 06/04/09 15:00、彩香ちゃんを連れて、二ツ井町のコンビニエンスストアまで出かけた際、彩香ちゃんにねだられてピカチュウ人形のおまけがついたラムネ菓子を買い与えて、16:10帰宅...
  • 16:00(16:10) 母子帰宅
  • 16:30 豪憲君母子ふたたび外出を目撃.橋で二人を見た目撃情報←事故死にするために当初「暗くて見えない」「子供の意見」と黙殺か.
  • 18:00-19:00 「二人大沢橋の上にしゃがみこんでいた」(4月に出ていた目撃情報)

【関連新聞記事=彩香ちゃんに関して完全事故死扱いになっている】

ayaka.jpg
  • 04/11 19:18 彩香ちゃんは水死、藤琴川の岸辺で遊び転落か
  • 04/10 20:57 発見場所は自宅から10キロ下流、彩香ちゃん
  • 04/10 15:37 発見女児を彩香ちゃんと確認
  • 04/10 15:22 藤琴川で女児発見、心肺停止、彩香ちゃんか
  • 04/10 11:05 藤里町で小4女児が行方不明、能代署など付近捜索
    ■司法解剖:秋田大学医学部=「首の骨折」「頭部の骨折」死体検案書に記載なし.水死とする.*1
    ■当該時間は暗くて人も魚も目視不可能.目撃者の素性は?
    ■県警本部長が県議会で「遺体に事件性無し」と答弁.
     
     

畠山鈴香経歴

hs03.jpg
  • 1973/02/02 旧二ツ井町で生まれる.父:ダンプ運送会社.母律子(54=事件当時).「体が弱く、病気がちだった」
  • 1992 県立二ツ井高家政科入学.同級生:「背が高いという記憶はあるが、特別な印象がない普通の子だった」.近所の女性:「ロングヘアで派手な衣装ばかりを選んでいた。 紫のボンタンを履いていた。高校を卒業すると職を転々とした」.
  • 1985 地元高卒. 
  • 1985/04-1987/12/25 栃木県鬼怒川温泉のホテルに仲居として勤務(約2年間).
  • 1988 帰郷(6年後)
  • 1994 逆ナンの元夫とふたたび鬼怒川へ.同棲、コンパニオン(首になる).父親の電話で秋田に半年後戻る.
  • 1994夏 能代市男性(21)と入籍.実家のある二ツ井町で新婚生活(21歳).
  • 1996夏 藤里町の朝日ケ丘団地に転居.
  • 1996/11 彩香ちゃんを出産.
  • 1997 離婚(約半年後).「ダンナの浮気が発覚した」(知人)/元夫「2,3回遊びに行ったのを勘違い」 離婚条件:100万円の借金肩代わりと養育費、滞る.
  • 1997- 離婚後は実家に彩香ちゃんを預けて葬儀店、実家近くの釣具店、飲食店・生保など勤務.
  • 2000-2003/03 旧鷹巣町(現北秋田市)パチンコ店勤務.体調不良との理由から欠勤しがち.消費者金融からの借金.「話し合い、辞めてもらう形」(店長)で退職.
  • 1999-2001 彩香ちゃん二ツ井町の保育園に4年間通園.「お母さんとおばあちゃんが交互に送り迎えし、行事には欠かさず参加した。彩香ちゃんは『お母さん好き』とよく言っていた」.
  • 2003(H15)/03/20 地裁能代支部から破産宣告.
  • 2003/04 彩香ちゃん藤里小学校入学.朝日ケ丘団地での母娘2人暮らし.
  • 2004 藤里町主催のヘルパー研修.豪憲君の母らと共に受講.ほかの受講生に自らの離婚や父の入院といったプライベートを包み隠さず話し、「職を探さないといけないから」.
  • 生活保護.携帯電話には月額6-7万円「命の次にケータイが大切」.葬儀店店主:「男ができたと思ったら給料袋だけ取りにきてその後はドロン。悪いやつとは思っていたが、子供に手をかけるとは…」.約50人もの記者やカメラマンに:「私は心が不安定で病院に通っているんだ」「(彩香さん捜索の)ビラはマスコミのために作ったんじゃねえ」「あんたらもいい加減にしろ!」「逃げんなよ!フィルム渡せ」.
  • 2006/06/04 AX「TVのチカラ」(事件の4日後自分でメール)に任意聴取前「畠山です。警察から任意同行がかかりました」「これから警察にいきます。お願いします」とメール.

追 加

  • 「川に流されて傷ないのは…」彩香ちゃん四十九日 母親、再捜査訴え
    秋田県藤里町の町立藤里小学校一年、米山豪憲(ごうけん)君(7つ)殺害事件の一カ月前に、豪憲君の遺体発見現場から約二キロ離れた藤琴川で水死体で発見された同小四年、畠山彩香ちゃん(9つ)の四十九日法要が二十七日、営まれた。彩香ちゃんの母、鈴香さん(33)は「水遊びが嫌いな子だったので一人では川に行かない。川に流されて傷がないのは不審に思う」と、彩香ちゃんの死は事故の可能性が高いとする県警に対し、あらためて再捜査を求めた。  法要が行われた同県能代市の鈴香さんの実家では、祭壇前にたくさんの花が供えられ、彩香ちゃんが好きだった「ポケットモンスター」のぬいぐるみや衣服、彩香ちゃんの成長を記録した写真が飾られた。  法要後、鈴香さんは報道陣の質問に答え、彩香ちゃん水死を捜査する県警には「本当に動いてくれているのか」とし、「私たち家族は彩香に何があったのか知りたいだけなのです」と訴えた。また「彩香には『豪憲君を一緒に(天国に)連れて行ってあげて』と毎日念仏を唱えながら祈っています」と話した。 (産経新聞) - 5月28日3時2分更新
  • 64 名前:名無しさん@6周年 New! 投稿日:2006/06/05(月) 01:02:10 ID:ac3DQMZ00
    生活保護のくせに娘に巨額掛け金払ってまで2000万の保険金、 剛健君に4000万の保険金。市営住宅で巨額掛け金。 もう動機と共犯者まるわかりだろうが。
  • 06/06/05 1:03 :畠山鈴香容疑者は取り調べに対し、死体遺棄について大筋で容疑を認めている.
  • 06/06/05 周囲では鈴香容疑者のふしだらな行動は周知の事実だった。能代市内の飲食店にも一時勤めていたが、「デリヘル嬢」だったとの情報もある。 それを裏付けるように近所の主婦はこう証言した。 「『日替わり弁当』と呼ばれていた。あの女が家に若い男を連れ込み、用(SEX)を足す。玄関の鍵を閉めるので、彩香ちゃんは寂しそうに外で遊んでいた。寒い冬の日に外へ出されたこともあり、知人がご飯を食べさせてあげたこともある」
    • ttp://www.zakzak.co.jp/top/2006_06/t2006060502.html
  • 834 :番組の途中ですが名無しです :2006/06/05(月) 20:31:18 ID:j6bocJeR0
    月6、7万の携帯代って個人でデリヘルやってたからそれの通信費。 常時90人とデリヘル契約しててその中に豪憲の親父もいた。 警察は現在取り調べ中 日刊スポーツより
  • 06/05 TBSラジオでG君の遺体放置現場で鈴香容疑者のDNAと一致する物が発見.
  • 06/05 体の着衣にウサギの毛が付着し、死体遺棄容疑で逮捕された畠山鈴香容疑者(33)宅の家宅捜索でも能代署捜査本部がウサギの毛を採取、押収していたことが5日、分かった.共同通信
  • 仮説1あり.少女事故現場に少年あり.けいさつ=「事故」ですまそうとした...
  • 殺害は報復(彩香ちゃん事件では少年を事情聴取していた.最後に彩香ちゃんを見たのは少年.彩香ちゃんが見せにいくといったピカチュー人形を少年宅から押収=未報道)
  • 調べによると、鈴香容疑者宅の玄関付近から検出された尿成分は、かなり乾燥した状態で、人のものか動物のものかははっきりしていない。??ただ、豪憲君の衣服にも首をひも状のもので絞められた際に出たとみられる尿成分が付着しており、殺害時に玄関付近に付いた可能性もあるとみている。 (2006/06/07 08:32)
  • ウサギの毛は数本---豪憲君の衣服は遺体が発見された5月18日の数日前に洗濯???したばかりだったことから、捜査本部は鈴香容疑者が豪憲君と接触し、死体を捨てたことを裏付ける重要な物証になるとみている(2006/06/07 08:49)
  • 小便カスやマンカスは年寄りが出入りする田舎なら玄関にも部屋にもどこにもあるし生きているということはそういうことだ....困った証拠ばかりだ...こぞって鑑識は小便カスを探すが自分のもこぼれている...まぁ、裁判で、認めた例があるんだろうな.
  • 最近の裁判の事実認定はデタラメになっているから多くはいうまいが、獣毛はいくら洗濯しても一年は繊維と同化しているし、ウサギも同じ.風にも舞うし...ヘタな推理小説を読まされてる気がする.
  • 自白まちということだろうが、「無理」しないほうがいい.人権なんて秋田まで来ると皆無だから.
  • 06/06/08 18:00 ANN 殺害認めた。大声で泣きながら。手をあわせて祈りたい。
  • 388 名前:名無しさん@ピンキー[] 投稿日:2006/06/08(木) 16:41:55 ID:c0J+WKx4
    気のせいだよな… 去年の10月に巣田美1.5で逢った女 でも顔そっくりだし能代geoで待ち合わせしたし 白の軽だし、深く考えるとモロ一致してる… いやでもあの時29歳って当人が言ってたし 名前も鈴子って言ってたし、もうちょっと化粧濃かったし… うん!絶対違う!絶対違っててくれ! 俺の携帯に残ってるアドレスは封印するぞ!
  • 彩香ちゃん育児放棄:教師や住民は児童相談所に通報済み.
  • G父、鈴香に賠償を求める
  • ペラペラ(被疑者不利な点も)しゃべる弁護士、誰の代理かわからんな.極めて異例、まるで国民のための娯楽提供弁護.
  • 823:2006/06/01(木) 03:56:25 ID:
    警察犬の使い方が、怪しすぎる。報道も少なすぎる。
    警察犬は、両児童の失踪時の状況の大きな根拠とされています。
    しかし、その警察犬が優秀としても、正しく使われてないのなら、両事件の前提自体が根本から崩れます。
    見直してみると、あまりに怪しい。以下ソース引用の上理由を述べます。
    【豪憲の時は、警察犬は、すぐに追跡できなくなった】
    捜査本部などによると、豪憲君が行方不明となった17日夕方以降、(←遺体発見前)
    秋田県警は警察犬を使って公園付近から豪憲君のにおいを追ったが、すぐに追跡できなくなったという。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060519-00000252-kyodo-soci (共同ソースだけみたい)
    【?】失踪時の豪憲の足跡臭は、1日学校で過ごし行動を下校してきた混合臭。
    警察犬使用時は遺体未発見。もし自宅の玄関にあった豪憲の靴をサンプルとしたなら、 それは玄関の臭いの追跡で、失踪時の足跡追跡にならない。遺体発見後の警察犬使用の報道は、まだ無い。
    【彩香の時は、同じ警察犬は、まっすぐ河原に向かった】
    失跡後、自宅から彩香さんのにおいを追跡した警察犬が転落現場とされる河原にまっすぐに向かった
    http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060529i201.htm?from=main2 (読売1社スクープだけみたい)
    【?】警察犬使用日時の情報が無い。
    もし警察犬使用が遺体発見後なら、もし遺体の靴を足跡臭サンプルとしたのなら、 それは川の臭いを主とした混合臭。まっすぐ河原に向かうのは当然。何の解明にもならない。
    ■結果が一つなのは不自然では?
    厳密な意味で失踪時点と同一の足跡臭サンプルは無いから、複数のサンプルで数回トライすべき。したのか?
    ■警察犬が信用できるのなら、捜査にも使ったのか?
    遺体発見後、周辺や関係者の自宅や車の前で警察犬を使ったのか? その報道は無い。
    ■都合のいい警察犬の使い方をしている。そんなふうにも見える。
  • 秋田県藤里町の町立小1年米山豪憲君(7つ)殺害事件で、4月に死亡した畠山鈴香容疑者(33)の 長女彩香ちゃん=当時(9つ)=の月命日にあたる今月9日、畠山容疑者が能代署捜査本部の取り調べ中に「彩香の写真が見たい」と求め、写真に手を合わせ拝んでいたことが10日、分かった。  彩香ちゃんは4月9日に自宅を出たまま帰宅せず、翌日、自宅から約6キロ下流の藤琴川で遺体が見つかった。 死亡推定時間は9日夕方とされる。  関係者によると、手を合わせている間、畠山容疑者は泣いたりする様子はなかったという。  彩香ちゃんの写真は、以前に、畠山容疑者に接見した弁護士が差し入れていた。差し入れ物品は、支障がなければ留置場に持ち込めるが、畠山容疑者は望まず能代署が保管している。 (共同通信) - 6月10日19時29分更新
  • 供述と矛盾、靴下にウサギの毛付着なし…豪憲君殺害
    豪憲君の着衣に付着していたウサギの毛が、靴下には付いていなかったことが10日、わかった。  畠山容疑者宅の玄関付近で検出された尿の成分は人間のものとみられることも判明。「靴を脱いで上がった豪憲君を室内で殺害した」と供述しているが、能代署捜査本部は、豪憲君が畠山容疑者宅には上がらず、玄関で殺害された可能性が高いとみて、矛盾を追及する。 畠山容疑者宅では、数か月前までウサギが飼われており、豪憲君の着衣にもウサギの毛が付着していた。捜査本部の捜索では、畠山容疑者宅の玄関や室内からウサギの毛が大量に見つかっており、豪憲君が倒れるなどした際に付着したとみられている。(読売新聞) - 6月11日3時9分更新
  • 殺害に使ったと供述している軍手と着物の腰ひもが、実家にあった軽自動車内から見つかっていたことが06/06/10日、わかった。
  • 259 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/18(日) 00:59:01
    彩香ちゃんに鈴香の元同級生達が 『おめぇ、あのキモブスのキモめごから出てきたんだべwきもいから汚物は川に捨てるべw』と言ってたらしいよ。 普通自分の子供の同級生くらいの子にそんなこと言えるか? 殺したの同級生じゃない?インタビュー見てもおかしいの多いし。
  • 86 番組の途中ですが名無しです New! 2006/06/17(土) 14:44:19 ID:
    イジメてた奴等ならやりそうだ(死体を鈴香の家に置く事)とも言ってました。 もしかしたら彩香ちゃんも奴等だったりしてなぁ って。 後、イジメグループの中に親がお廻りって奴がいた との事。
  • ●同級生の寄せ書き >会ったら殺す! >顔をださないよーに! >もうこの秋田には帰ってくるなョ >秋田から永久追放 >秋田の土はニ度とふむんじゃねぇぞ >戦争に早く行け >はな声なおせよ >あと二度と会うことはないだろう >元気でな。ビューさは来るなよ。 >いつもの声で男ひっかけんなよ >山奥で一生過ごすんだ! >帰ってくんなョ >小学生のころからあんたと私は馬が合わないらしい。それはそれでいい思い出だけどな。 >今までいじめられた分、強くなったべ 俺達にかんしゃしなさい。 >やっと離れられる 3年間はちょっと・・・ ●色々な意味で有名になりそうな人 >鈴鹿・・・自殺・詐欺・強盗・全国指名手配・変人大賞・女優・殺人・野生化
  • 秋田地検 「彩香ちゃん骨折あった」・・・検案書になし.事故死の付せんに苦慮か・・・「死後骨折として流された」証拠にしたい?(上野).とっちにしろ、事故処理しているからあんまり事故情報を信じない方がいい.
  • 06/06/21県議会教育公安委員会:県警捜査本部長 岸野篤司刑事部長「当時は川に落ちて流された可能性が高いのではないか、ということで発表した」「(事件か事故か)はっきりしないということで捜査を継続している。結論が出ず、難儀している」
  • 藤里町の男児殺害・死体遺棄事件で逮捕された畠山鈴香容疑者(33)の高校時代の卒業文集に、複数のクラスメートがいじめとも受け止められる文言を記載していた問題で、県教育庁高校教育課は5日、当時、学級担任を務めていた男性教諭を口頭で注意、指導していたことを明らかにした。同日開かれた定例教育委員会で述べた。 同課によると、文集はクラスごとに発行された。畠山容疑者のページには、クラスメートから「秋田に帰ってくるなよ」などと同容疑者をののしる文言が複数書かれていた。この文集がそのまま発行され、クラス全員に配られていたことが一部メディアで報じられてから、県教育委員会には各地から「秋田の教育はひどすぎる」などの批判が相次いだ。秋田魁新聞 2006/07/06
  • 407 名前:親の因果が子に報い sage New! 投稿日:2006/07/14(金) 10:26:13 ID:gShl6xdU0
    <鈴香容疑者って、こんな子だった?>
    • ○真夜中、母親の折檻を受けて泣いて外に出されてた女の子。
    • ○朝起こして貰えず遅刻しても、泣きながら学校へ通った女の子。
    • ○学校給食が唯一のごちそうだった女の子。
    • ○たまに与えられる食事はカップラーメン、近所で家畜用のパンの耳を貰って美味しそうに食べていた女の子。
    • ○カップラーメンのお湯が無くて、途方に暮れて外をとぼとぼ歩いていた女の子。
    • ○お湯がどうしても手に入らないときはカップラーメンを生で囓っていた女の子。
    • ○空腹のため学校で倒れた事がある女の子。
    • ○汚い洋服を着せられて、風呂にも入れて貰えず悪臭を漂わせていた女の子。
    • ○給食代や修学旅行の積立金を払えなくても、母親をかばおうとした女の子。
    • ○真冬に外に出されて震えているのを、近所の人が見かねて車に乗せようとしても母親に気を遣ってかたくなに拒んだ女の子。
    • ○十円玉と一円玉が数枚入った、小さな青い財布を宝物のように大切にしていた女の子。
    • ○店先で無料の飴を貰うとき、自分の分の他に必ず母親の分も貰ってうれしそうにお礼を言った女の子。
    • ○親子同伴が条件のプールへ一人で行って入場を断られたとき、母親の病気のことを説明して常に母親をかばおうとした女の子。
    • ○母親と出かけて母親に話しかけても、無視され続けた子。
    • ○お菓子を貰ったときは近所の大人に「これ、あげる。」と言って、会話の相手になって貰おうとした女の子。
    • ○やさしそうな山菜取りのお年寄りに、話しの相手になって貰えるとその後をずっとついて行こうとした女の子。
    • ○いつも一人で何かしゃべりながら、一人で遊んでいた女の子。
    • ○ブランコ乗せてあげたり遊んでくれたり、小さな子にとっては優しいお姉さんだった女の子。
    • ○東京出身の男の子に背中蹴られたり顔に雑巾ぶつけられたり執拗な苛めを受けても、黙ってそれに耐えていた女の子。
    • ○東京の子に「田舎もの!」と苛められて何をされても黙って下を向き、涙をぽろぽろと流していた女の子。
  • 秋田県藤里町立藤里小1年、米山豪憲君(7)殺害事件で、殺人容疑で再逮捕された無職、畠山鈴香容疑者(33)が県警能代署捜査本部の調べに対し、4月に水死した長女彩香ちゃん(9)=同小4年=は「一緒に川を見に行った際、橋の欄干から誤って足を滑らせて落ちた」「気が動転して助けは求めなかった」などと供述していることが分かった。
    • 捜査本部は彩香ちゃんの失跡当日、畠山容疑者に似た女性と子供が同じ橋の上にいたという目撃情報も把握しており、当時の状況や新たな供述と豪憲君殺害の動機との関連について慎重に調べている。
  • 新たな供述によると、同日夕、自宅で彩香ちゃんと2人でサクラマスの描かれた漫画を読んでいた。彩香ちゃんが「見に行きたい」と言ったため、「一緒に見に行こう」と軽乗用車に乗り、自宅から約3キロ離れた藤琴川の大沢橋まで行った。彩香ちゃんは畠山容疑者に支えられ欄干に上り川を見ていたが足を滑らせて転落したという。畠山容疑者は同日午後8時ごろ同署に捜索願を出した。 彩香ちゃんの遺体は翌10日午後1時半ごろ、同橋から約4キロ下流の浅瀬で見つかった。死因は水死だった。捜査本部の調べで、4月9日夕、同橋に畠山容疑者のものとみられる軽乗用車が止まっていたのを複数の人が目撃。女性が橋の上で子供を抱き上げている 姿を見た人もいたという。 ttp://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060714k0000m040129000c.html
  • 警察犬が真っすぐ川に行ったのは嘘?←★
  • 【秋田ルール】 106 名前:名無しさん@6周年 New! 投稿日:2006/07/15(土) 02:17:05 ID:wBAWOQgJ0
    法治国家だが、地方には地方の風習みたいなもんがあるんじゃ無いか?
    子供殺し→間引き
    放火→狐火
    神隠し→DQN抹消。
    マット簀巻き→生意気と認定、文化的な家庭を妬み、イジメ殺す。
    住民は口を閉ざす。
    都会の理屈で、田舎は計れない。東北は特に。
  • 2006/07/16 4月9日、藤里町内の藤琴川にかかる大沢橋の上から突き落としたと供述していることが分かった。mainichi
  • 06/07/17 NHK「橋の欄干から顔を出していた娘の足を持ち上げて川に落とした」
  • 06/07/17「東京に行くので、(娘が)邪魔になった」数年前に(同じ大沢橋で)飛び降り自殺(?)があり、即死.(さきがけ)
  • 2006/07/18 22:45魁「川で彩香が駄々をこねたので、イライラした」.
  • 06/07/19 高校時代の同級生によると、インターネットの話を畠山被告から聞いたのは、彩香さんの通夜が営まれた翌日の4月12日。この同級生によると、畠山被告は、「私、インターネットとかでもすごい疑われているんでしょ。私はインターネット見られないけど、友達が教えてくれた」と、自分から話し出したという。 yomiuri.co.jp/national/news/20060719i308.htm
  • 13 名前:名無しさん@6周年 New! 投稿日:2006/07/20(木) 13:30:53 ID:We7UJrwG0
    ☆★☆凶器の発見場所が三度変更
  • 10 名前:名無しさん@6周年 New! 投稿日:2006/07/20(木) 13:27:52 ID:We7UJrwG0
    ☆★☆情報の変遷@豪憲君ver.
    1. 出血は無い(当時の報道)→大量の鼻血(現在)
    2. 首の後ろに紐の跡→後ろから吊るすように絞めた(前に跡つく) ☆「きょとんとした表情で、振り向いた」(後ろに跡)
    3. 幅5mmの編み込まれた紐(犬系)→実は腰紐→腰紐なら首を掻きむしれない ☆藤里宅から紐は見つかっていない→「ひもは、コンビニの袋に入れて、実家に持って行った」
    4. 白い不審車(ママ&おっさん)→不審車なかった(犬系)→不審車はあった(マスゴミ)
    5. 黒い繊維は車の下敷き→ママミラに下敷き無し
    6. 繊維はボアコート→ボアコートで包んだ→包んだら鼻血は付かない→☆オレンジ色のシートに包んだ
    7. 帰宅したら死体が有った→その時間は学校にいる→誘い込んで頃した ☆指紋が見つかっていない→軍手をはめていた→車から軍手発見 ☆家に入れたのなら靴を履いているのはおかしい→「どうしていいか分からなくて、玄関にあった靴を遺体に履かせた。」 ☆は弁護士会見
  • 06/07/22 TBS 犯行直後には、首を垂れた状態の彩香さんが畠山容疑者に後ろから支えられていたとの目撃証言もあり、捜査本部では畠山容疑者を追及してさらに詳しい犯行状況の解明を進めています。 一方、秋田地検は畠山容疑者の刑事責任能力を確認するため、精神状態を調べる簡易鑑定を行うかどうか検討を始めました。(22日18:36)
  • 06/08/08 彩香さん殺害を一転否認、畠山被告あす追起訴  秋田県藤里町の小学4年畠山彩香さん(当時9歳)殺害事件で、殺人容疑で再逮捕された母親の無職畠山鈴香被告(33)(米山豪憲君殺害事件で起訴)が、彩香さん殺害について、これまでの供述を一転させ、「何で私が犯人なの」と話すなど否認していることが7日、わかった。  「彩香は、事件で殺(あや)められた」と、自分以外の犯人がいたことを主張しているという。畠山被告の拘置期限は9日で、秋田地検は、否認したままでも殺人罪で追起訴する方針だ。  調べによると、畠山被告は4月9日午後6時45分ごろ、自宅から約3キロ離れた大沢橋で、彩香さんを抱いて欄干の上に乗せた後、背中を押し、約8メートル下の藤琴川に落として殺害したとされる。逮捕当初は、「彩香が駄々をこねたので、イライラして殺めるつもりで落とした」と容疑を認めていた。しかし、最近の取り調べには、「違う。何で私が犯人なの」と反論しているという。(読売新聞) - 8月8日3時4分更新
  • 2007/07/10(火) 畠山被告「落下の瞬間、忘れた」 長女殺害、隠蔽否定へ ...畠山鈴香被告(34)が、長女彩香さん(当時9)を殺害したとされる事件について「橋の欄干から(彩香さんが)落ちた瞬間、強いストレスがかかり、落ちたことを忘れてしまった」と話していることが関係者の話でわかった。弁護側は9月にも始まる公判で、「事件後に彩香さんの行方を知人に尋ねて捜していたのは、隠蔽工作ではなく本当に忘れていたからだ」と主張するとみられる。 畠山被告の弁護側は彩香さんの事件について「抱きついてきた彩香さんを反射的にはねのけた際、誤って川に落ちてしまった」などと殺意を否定し、過失致死を主張している。畠山被告には人に触れられることを嫌う障害があったという。 これまでの捜査当局の調べでは、畠山被告は彩香さんを川に落としたあと、自宅から彩香さんの同級生宅に「遊びに行っていないか」と電話をかけるなどして行方を捜していた。「『友だちにおもちゃを見せに行く』と家を出たまま帰ってこない」と県警にも届けた。捜査当局はこれを殺害の隠蔽工作と見ている。  これに対し、弁護側は「自分が川に落としてしまったことを瞬時に忘れた」と主張して過失致死の責任能力についても争う方針だという。 畠山被告の弁護側は、米山豪憲君(当時7)殺害についても責任能力を争う方針で、公判前整理手続きの中で秋田地裁に精神鑑定を請求している。その上で、豪憲君殺害については起訴事実を大筋で認める方針。 ttp://www.asahi.com/national/update/0710/TKY200707100260.html
  • 弁護士先生などこれはめずらしい人と感じていると想像する...「自分に都合の悪いこと」をすぐに忘れる人はいる.「自分に不利な悪事」をすっかり忘れて生きている人は多いが脳障害の一種にみえる.記憶力が弱いのかと思うがかえって凡人より優れている場合が多かった...結局、「行動・実行→時間の経過→忘却努力→忘却完了」...の短期忘却の才能?(長期思考を保つさいの苦痛への耐性がないともいうが)に長けた人はいるとの結論を出したことがある.経済行為や発明実験の場合、身近な例を無理に出すとたとえば失恋なども忘れてもらったほうが周りが安全で本人も次の段階に行きやすいこともある.
  • 規範学の意味しかない刑法適用の場合、殺害実行時、他人より抜群の記憶力が駆使されているからその行為時点での「責任能力」があることを確認すればすむ話.こんな冗漫な裁判を長く続けているともうすっかり自分の子供のことなど忘れているはずである.
  • 08/01/25 更正の見込みがないから死刑求刑なんていうから...司法試験「3千人合格」見直しの意向、法相「多すぎる」 読売 社会 01/25 ...鳩山法相は25日の閣議後の記者会見で、司法試験合格者数を年3000人程度まで増やすとした政府方針について、今年度中に見直しを含めた検討組織を法務省内に設置する意向を明らかにした...もう少し利口そうな求刑はできぬものか。
  • [2009/01/16 20時8分配信 産経新聞]懲役判決を受け仙台高裁秋田支部(竹花俊徳裁判長)で控訴審中の無職、畠山鈴香被告(35)の性格鑑定を実施した東海学院大、長谷川博一教授(臨床心理士)が16日、秋田市内で会見を開いた。長谷川教授は鈴香被告に対してカウンセリングを行った結果、これまで「忘れた」としていた長女、彩香ちゃん=当時(9)=事件時の記憶を鈴香被告が取り戻し、「彩香ちゃんは、川に落としたピカチュウを拾おうとして、誤って(橋の上から)落ちてしまった」...
  • 2015/03 週刊新潮 〇Δ靴討ら川にすてたんじゃあないか⇔ズЦ緻爾鮗族箸砲△困泳冥田市で生保セールスレディで枕営業I秧董.瀬鵐廚留燭舛磴
  • 【類似事件】2015/05/19 07:07[sankei] 3歳長女殺害、母親に懲役9年判決 新潟 燕市で昨年11月、3歳の長女を川に投げ落として殺害したとして、殺人罪に問われた無職、佐藤あゆみ被告(24)の裁判員裁判の判決公判が18日、新潟地裁(竹下雄裁判長)で開かれ、懲役9年(求刑懲役12年)を言い渡した。 判決理由で竹下裁判長は、長女を川に投げ込んだ佐藤被告の犯行を「非情かつ冷酷」と非難。佐藤被告が周囲の支援を受けていたとはとうてい言えないとする弁護側の主張は、市や保育園も支援態勢を取っていたとして退けた。一方、交際相手との関係維持が中心的な動機として殺害したとまでは言えないとした。 弁護側は、被告と接見して控訴するかどうか決めたいとしている。 判決によると、佐藤被告は昨年11月19日夜、燕市の西川に架かる橋の欄干から長女、心優(みゆ)ちゃんを投げ落とし溺れさせ、殺害した。 判決後、裁判員による記者会見が開かれ、「衝撃的な事件で精神的にきつかった」(60代男性)、「育児の大変さは共感するところもあったが、自分には本音を言える相手がいた」(30代女性)とする意見が出た。



*1 秋田大学医学部法医学教室/教授:吉岡尚文Naofumi YOSHIOKA 助教授:西田尚Naoki NISHIDA
リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ 改名 copy   ヘルプ   最終更新のRSS