北朝鮮 拉致拉致 / 関谷俊子
リロード  新規  編集  凍結  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 



LINEで送る
Counter:7007
Today:1
Yesterday:2
Now:4

関谷俊子

s_toshiko.jpg

○関谷俊子
○せきやとしこ
○失踪年月日 昭和49(1974)年7月11日
○千葉県市原市
○生年月日 昭和32(1957)年5月19日
○当時年齢 17歳
○現在年齢 61歳
○身長
○体重
○公開 第15次公開
○当時身分 薬品会社勤務 千葉商業高校(千葉市松浜2) 定時制在学中

  • 失踪現場 千葉港付近
  • 失踪状況 親類の男性と幼馴染の同級生(遠山常子さん=17)と千葉市内の飲食店で飲食後、親類の男性が「車で二人を家まで送ってくる」と店の従業員に言い残して出たまま3人一緒に行方不明となった。店の従業員は男性の兄と妹。男性の乗っていた車も発見されていない。関谷さんは古川了子さん(昭和48年失踪)と同じ高校で3学年下。古川事件の1年後の同じ7月の失踪。 2004年12月、「(北朝鮮と関係が深い)都内の病院関係者の運転手をしていた」と自称する日本人の男が調査会に「昭和51年、藤田さんの拉致にかかわった」と証言。警視庁にも同様の供述をしたが、この際、「ほかにも女性二人の拉致を手伝わされた」と供述したことから捜査を進めた結果、捜索願の洗い直しや千葉の海近辺で女性二人が同時に拉致された状況、時期、年齢層などから関谷さんらである可能性が浮かんだ。
  • 関谷俊子さんは、昭和49年(1974)に17歳で親類の男性と友人と3人で車ごと失踪した。古川了子さん出身の千葉商業高校在学中で3学年下、古川さん失踪の1年後の同月だった。調査会関係者によれば、千葉商業の日教組関係者などは捜査対象になっているはずだと言う。だが、現状でクロはいないらしい。

遠山常子

t.jpg

○遠山常子
○とおやまつねこ
○関谷俊子さんの幼馴染
○当時年齢 17歳
○現在年齢 61歳(推定)
○失踪現場 千葉港付近
○当時身分 千葉商業高校 定時制在学中
○関谷俊子さんの親戚男性と車に乗り行方不明
○未指定

  • 男性と三人一緒、さらにその車も発見されず、違うかも... -- 2006-01-23 (月) 04:57:00

古川了子

f_noriko.jpg

○古川了子
○ふるかわのりこ
○失踪年月日 昭和48(1973)年7月7日
○生年月日 昭和30(1955)年1月1日
○当時年齢 18歳
○現在年齢 63歳
○身長 157センチ位
○体重
○千葉商業高校
○当時身分 三井造船千葉事業所(千葉県市原市所在)経理部社員
○公開 第1次公開

  • 特徴 中学時代水泳部、高校では卓球部部長。書き初めで入選したことあり、簿記、珠算和文タイプ等資格持っている。文字を書くのは左右同じに使える。
  • 失踪現場 千葉県
  • 失踪状況 午前中に美容院へ行き、午後から母親と浴衣を買いに行く予定をしていた。朝早く家を出て、美容院に「今日の美容院はキャンセルしたい。出かけるところができた。母親にも浴衣を買いに行けなくなったと伝えて下さい」と言った。母親は美容院からの電話で、友達にでも会うことになったのだろうと気にしなかったが、それから何の音沙汰もなくなった。7月に初めて貰ったボーナスは手付かず、預金通帳も置いたまま。持って出たのは財布とハンカチくらいしか入らない、いつも持っている小さなバッグ1つだけだった。その後、家にも勤め先にも全く連絡なし。中学や高校の友人も心あたりはなかった。
  • 1973年7月7日土曜日,会社が休日であったので,了子は,昼ころに自宅近くの美容院「あすか美容室」へ行き,午後は千葉市内で原告母と共に浴衣(ゆかた)を買いに行く予定となっていた。
    • 了子は,美容院の予約を7月6日夜に行った。また了子は,以前から原告母に対して「自分のお金で浴衣を買いたいから,一緒に見て欲しい」と頼んでおり,7月6日が夏季賞与の支給日だったことから,原告母が「7日の午後なら花市場(千葉市内)に行くから,そのときにしましょう」と答えて,7日に買いに行く約束となったものである。
    • 7日当日,原告母は,午前中,自宅から徒歩20分ほどの距離にある,自己の経営する生花店で仕事をし,午後2時半ないし3時ころに了子と京成電鉄千葉駅(現在の京成千葉中央駅)で会うつもりであった。ところが原告母は,了子が行く予定になっていた美容院から,以下のような伝言があったとの連絡を受けた。
    • 昼前ころ,了子から美容院に電話があり,「今日の予約は用事ができたので行けなくなった。それから,自分の母親に浴衣を買いに行けなくなったと伝えてください」と言ってきた。了子の電話の後ろが騒がしかったので,「今どこ?」と尋ねたところ,了子は「千葉駅」と答えた,というのである。
    • 美容院より了子の伝言を聞いた原告母は,了子本人からの連絡を待ったものの,同日から了子の消息が一切不明となった。原告母は了子の友人らに尋ねて回ったが,行方は全く分からず,同月9日月曜日,会社の上司と相談して,市原警察署菊間駐在所(当時)に捜索願を提出。
    • その後原告らは,ポスターを作成し,電柱はもとより千葉市内の公衆浴場等にも掲示したり,中学や高校の同窓生に情報提供を呼びかける手紙を出したりした。また,新聞に写真入りで尋ね人欄に掲載したり,当時の日本教育テレビ(テレビ朝日の前身)の朝のワイドショー番組の「蒸発」コーナーに両親が出演するなどして訴えた。しかし,了子の消息は一切つかむことができなかった。
  • 元北朝鮮工作員安明進氏が、「'91年に平壌市内の病院(朝鮮労働党915連絡所)にいた女性と似ている」と証言している。
  • 2005(平成16年)9月29日、千葉県警に告発状提出.
  • 2005/04/13 古川拉致認定訴訟
    • 行政事件訴訟法改正による義務付け訴訟/行政事件訴訟改正(本年4月施行)
    • 05年10月20日 古川訴訟第3回口頭弁論
  • 美容院へ本人がキャンセルの電話をかけたとなっているが、これを「本人以外の電話」としなければこの訴訟は勝てない... -- 2006-01-23 (月) 06:43:10
  • ↑勤務先の男友達名簿ぎぼん -- 2006-01-23 (月) 06:48:30
  • 二名の写真を見る限り拉致者は、「短髪少女」が好みらしいな. -- 2006-01-23 (月) 06:52:42

Add

  • 2005年06月27日月曜日:新たに「拉致可能性」3人 調査会公表 北朝鮮による拉致問題に取り組む「特定失踪(しっそう)者問題調査会」は27日、「拉致された可能性を否定できない」として、1974−89年に徳島県などで失跡した男女3人の氏名や失跡の経緯などを新たに公表した。 うち1人は当時4歳の男児。これで調査会が拉致の可能性を否定できないとしたのは計207人となった。ほかに33人が「拉致の疑いが濃厚」とされている。 新たに公表された3人は、茨城県牛久市の幼稚園児松岡伸矢ちゃん=失跡当時(4つ)=と千葉県市原市の会社員関谷俊子さん=同(17)、神奈川県大和市の大学生佐々木弘さん=同(21)。

リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ 改名 copy   ヘルプ   最終更新のRSS