北朝鮮 拉致拉致 / 石川千佳子
リロード  新規  編集  凍結  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 



LINEで送る
Counter:10467
Today:1
Yesterday:1
Now:4

よど号関係 / ホン・レンイン / 横田めぐみ / 加瀬テル子 / 河合美智愛 / 関谷俊子 / 金賢姫 / 金淑姫 / 金正雲 / 金正恩 / 金正男 / 金正日 / 金日成 / 古川了子 / 国井えり子 / 佐々木悦子 / 山本美保 / 松本京子 / 森山幸子 / 辛光洙 / 生島孝子 / 石川千佳子 / 曽我ひとみ / 脱北美女の面々 / 中村三奈子 / 辻出紀子 / 田口八重子 / 渡辺秀子 / 藤田進 / 藤本健二 / 年表 / 平島筆子 / 有本恵子

足立区小学図工教諭 石川千佳子さん(29)は殺人、遺体で発見

石川 千佳子_s.jpg
  • 氏名 石川千佳子
  • 失踪年月日 昭和53(1978)年08月14日
  • ふりがな いしかわちかこ
  • 生年月日 昭和24(1949)年07月04日
  • 性別 女 当時年齢 29
  • 身長 162センチ 体重 51キロ
  • 公開 第5次公開
  • 当時身分 小学校教諭
  • 特徴
  • 失踪現場 東京都足立区の勤務先小学校を出て失踪
  • 失踪状況 8月15日頃、小樽の弟のところへ小学校校長から当直なのに出勤していないが小樽に帰っているのかと電話があり所在不明がわかる。同年53年7月29日〜8月12日の15日間東京都教職員生協主催の第2回東西ヨーロッパ研修旅行から帰って2日目。自分から失踪したとは思えない。アパートの部屋もお金もそのまま。手帳にも8月いっぱいの予定が書いてあった。
  • chosa-kai.jp/cgi-bin/address/address.cgi
Murder
NAMEINI1INI2SHURUIBWHSIZGKBIRTHTPL
石川千佳子IshikawaChikakoTeacher162511949/07/0429Death北海道M
■失踪者第5次リスト(ゼロ番台リスト) 
162センチ、51キロ、コンタクトレンズ、絵を描くのが好き、冬はスキーもする 
19490704 19780814 
http://www3.ocn.ne.jp/~swan2001/ns031115.html

殺害犯人自白で急展開

  • 1978年8月14日休日出勤しており当然最後の目撃者が警備員だった。
    • 上記「勤務先の小学校を出たまま(行方不明)」というのはこの犯人の証言だろう。元自衛官・刑務官・・・仲間意識と遠慮があり捜査対象からはずしたかったのだろうが裏目に出ている...聞き込みをすれば奇人ぶりがわかったはず.
  • 男が住んでいた木造2階建ての自宅は道路拡張に伴う区画整理の対象になり、昨年8月ごろから足立区役所が立ち退き交渉をしたが、男は最後まで抵抗。区の職員と口論になったこともあるという。男は今月になって千葉県に引っ越したが、遺体が見つかると思い、出頭...(毎日)
  • 乗用車で遺体を自宅に運び、床下約140cm埋めた。遺体は毛布とビニールシートに包まれ、ロープで幾重にも縛られていた。
  • この犯人の奇妙な警戒ぶりと攻撃性が気になるが当時、国家試験等受験生で赤化してチェチェ思想にかぶれていなければいいんだけど。そういう思想団体に属していたなら、廊下での行動は勧誘*1
  • 誰も聞きもしないのに、最初の報道から犯人:「特定拉致者になっているのは知らなかった」.リークして書かせたのは、名簿に対しての不信感をあおって全体を否定するだめでしょ。
「26年前、女性教諭殺害」=68歳の元警備員自首、遺体発見−東京
1978年8月、東京都足立区立中川小学校の女性教諭=当時(29)=を殺害し、
自宅の床下に埋めたと、千葉県に住む(同行警備員)男(68)が21日、警視庁綾瀬
署に自首した。同庁捜査1課などが22日、男が当時住んでいた同区六木の民家の床下
を捜索した結果、女性教諭とみられる遺体が見つかった。
女性教諭は北朝鮮に拉致された可能性のある「特定失踪(しっそう)者」とされてい
た 男は「今まで苦しんできた」と話しているという。殺人罪の公訴時効(15年)が
成立しており、同課などは男を殺人、死体遺棄容疑で東京地検に書類送検する方針。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040822-00000675-jij-soci
調べによると、遺体は当時同区綾瀬2、同校教諭、石川千佳子さん 
(当時29)とみられる。1978年と2002年の2回、親族が出身地の 
北海道警に家出人捜索願を出しており、昨年9月には北朝鮮による 
拉致問題を調べている「特定失踪者問題調査会」が拉致の疑いがある 
として実名と顔写真を公表していた。 
男は78年8月14日午後4時半ごろ、同校1階の廊下で石川さんと口論になり 
殺害、遺体を車で足立区六木2の自宅に運び、床下に埋めたと供述。 
遺体は和室の床下の地中約110センチからビニールシートに包まれ、 
一部白骨化した状態で見つかった。←のちに「全裸」とわかる.
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20040822AT1G2200Q22082004.html 

追 加

  • 2005/01/31 東京地裁:元警備員と足立区を相手取り、遺族3人(母と2人の弟)が計1億8600万円余の損害賠償を求めた訴訟 第1回口頭弁論.(刑事は時効15年完成のため)
  • 2006/09/26【東京地裁判決】男が遺体を隠し続けた行為について、「遺族が故人を弔う機会を奪い、故人に対する敬愛・追慕の情を著しく侵害した」と述べ、男に計330万円の賠償.殺人については、「民法上の時効が過ぎており損害賠償請求権は消滅した」として、賠償責任は認めなかった.(永野厚郎裁判長)
  • 男の陳述書:「弁当に睡眠薬を入れられ、有毒ガスをまかれるなど、小学校で教員たちから嫌がらせを受けた.*278年8月14日夕。校舎の巡回中、1階給食室前の廊下で、プール当番の日直だった石川さんとぶつかりそうになった.「こんなところで何をしているのだ」*3と近寄ると、バッグの様な物で私の顔を殴ってきた.払うとひっくり返り、大声をあげた.こういう状況を作る目的で罠(わな)をかけてきたのではないか.処分されてたまるかと強い怒りが生じ、夢中で両手で首を押さえた...遺体を埋めた和室の畳の上はよけて通るようにしたが、妻と一緒の時は不自然にならないように平静を装った.催眠術の本を買い、自己暗示をかけた.「お前は何もしてない。恐れることはない」――.目を閉じて繰り返し、歳月がたつうちに事件をあまり思い出さなくなった.」(asahi)
  • 遺族側:男が遺体の上で26年間も生活を続けたのは殺害行為と一連の不法行為.「加害行為が終了したのは殺害時ではなく、04年8月の事件発覚時」と主張.男:「遺体を山中に埋めるのと差異はない」.区:「単に土地上で日常生活をしていたにすぎない」などとして、殺害時に不法行為は終了したと反論.裁の判断→石川千佳子さん本人の「不法行為損害賠償、遺族相続分」に関しては棄却している.330万は生きている弟・母の不法行為・慰謝料請求分←判決全文ないし(どうせ破棄されるから)読む必要もないが部分的な報道ではそう読める.イヤ、高裁・最高裁は、さらにこの地裁の苦肉の策、恥ずかしそうな被告に対する「違法性」を組みなおすかも知れない...
  • 日本の裁判所が我国独特の(殺人事件にすら)紋切り時効論を使い、制裁的不法行為論を認めないのがウラメってるが、時効・除斥期間条文に「時効制度をつかって責任・違法性阻却を得ようとした場合は、この限りではない」との解釈が庶民感情に近い.「権利濫用則」適用ならすぐやれる.古文書時代には倉庫から書類を出すことは大変だったろうが、今日デジタル時代で管理がちゃんとできていれば、永久保存・瞬時検索可能で時効という考えは薄くなった.

注意 夜この写真を見た人は、うしろを振り向かないこと。。。

遠藤康子閲覧時にも同じ心霊現象が起こっている。。。特にPCのうしろを暗くしてはいけない。。。

  • 「職員の生命などに具体的な危険が生じていることは認識できなかった」は行方不明というものを安易に考えすぎていて違法な認定.探し回った遺族・同僚・警察官に失礼.「遺族が故人を弔う機会を奪い、故人に対する敬愛・追慕の情を著しく侵害した」など、不明な権利を末端役人に創作させるより、すっきり新解釈を裁判官に教えた方がいいのではないか...30年後の法事を行う権利などを認めると訴訟があいつぎ、殺人時効を無視、主に彼らのためのつくった「時効論」自体が有名無実となる可能性がある.
  • 時効制度があったから犯人がわかった・・・と見るか、区画整理で土建屋がいずれ発見したと見るか・・・または、この男に目をつけていた名刑事がやっときた機会を生かして畳の下を掘り返したと見るか・・・時効挨拶で遺族に「時効は成立しましたがまだ捜査は続けます」が本当として...どこかに一人だけ「プロ」がいてほしい事件であった.
  • 06/09/27 テレ朝 原告弟 「(姉は)裸にされていた」「母親は3年前、脳梗塞で倒れた」

■これは除斥期間とかいわず、遺族の「葬祭権」を最高裁が認めてやればいいんじゃないか.「葬祭権」といわず、「遺骨がなく葬祭ができなかったことに違法性がある」でもいい.遺体発見・遺族引渡しまで不法行為が継続、時効など問題にならない.他人の遺体を「床下に運んで土中に埋没、隠避」すれば遺族は、葬式もできないから違法性があるということになる.刑法でもわざわざ、「死体遺棄罪」というくらいだから、「違法性」「因果関係」はまったり認定される.

  • ヘボ(しっつれい、マスコミ受けの論点やめれ)弁護士 訴状書き直し。被告弁護士は弁護料をもっとあげる。おまけする必要なし。着手金3000万でいいんじゃないの。。。あわせて偽装離婚無効確認の訴え。

時効と正義―消滅時効・除斥期間論の新たな胎動時効と正義―消滅時効・除斥期間論の新たな胎動時効と正義―消滅時効・除斥期間論の新たな胎動あまなつAdhover 時効と正義―消滅時効・除斥期間論の新たな胎動 日本評論社

権利消滅期間の研究権利消滅期間の研究権利消滅期間の研究あまなつAdhover 権利消滅期間の研究 信山社

  • ↑毎日読まんとわからなくなる本もたまにはいいねぇ
  • 拉致会のまとめでは「15日日直」になっているのになぜ、「14日日直」になるのか。14日、犯人は用をつくって本人を呼び出しているのではないか。とにかくマスコミが騒いだわりには都提出の警備日誌も何もないから真相はわからないが。。。校長電話は「15日ころ」となっている。
  • 2007/12/19[読売新聞]「時効殺人」和解へ、女性教諭遺族へ2500万支払い  1978年に東京都足立区立小の女性教諭・石川千佳子さん(当時29歳)が殺害された事件を巡り、遺族が殺人罪の時効成立後に自首した同小の元警備員の男(71)と、男を雇用した同区に損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、区と遺族が和解する見通しとなった。  1審・東京地裁は民法上の時効などを理由に区の責任を認めなかったが、同区は「学校内で勤務中に起きた事件で、道義的責任がある」と判断、遺族側に2500万円の和解金を支払うなどの条件で異例の和解に踏み切ることにした。
  • 08/01/31[東京高裁・青柳馨裁判長]330万円の支払いを命じた1審判決を変更、約4200万円の賠償を命じた.20年の除斥期間が争点.「遺族は死亡の事実を知らず権利を行使できないのに、20年たてば加害者が賠償義務を免れる結果になるのは著しく正義、公平の理念に反する」.除斥期間不適用.除斥期間を適用しない判決は初.判決は殺害日からの利息支払いも命じており、実質的な支払額は計1億円を超える...腕づくで指導力を発揮し和解させるべき.法律無視はまずい.「(除斥期間適用は)著しく正義、公平の理念に反する」と思ったら国会にいえばいい.除斥期間で多くの国民を見殺しにしてきた裁判所がなにをいまさらぬかしているのだろう.判決は知らないが「(被告側に)権利濫用則」を用いたのだろうか.
  • 2009/04/28[最高裁第三小法廷](那須弘平裁判長)上告棄却.男性に約4200万円の支払いを命じた二審・東京高裁判決が確定...
  • ほんらい、この国の時効制度は「公訴時効」のことでソウサ機関に対して捜査終結の義務(捜査時効義務)なんて押し付けていない。犯人が外国に逃亡していたりすれば時効は停止しているのだから、そういったことも調べないで(犯人を逮捕してわかること)一方的に捜査官が被害宅にいって「時効だ・時効だ・おわりだ」という必要はないのである。


*1 小樽市内の水産高校卒、地元メーカーから陸上自衛隊、3年除隊、千葉刑務所刑務官4年、タクシー運ちゃん7年、1973足立区技能職員で中川小学校配属<「週刊ポスト」2004/09/10日号>
*2 「自分は(創価)学会員だが、先生方は共産主義が多く、主義主張の違いから、弁当に睡眠薬や毒物を入れられたり、有毒ガスをまかれたり、嫌がらせを受けていた」<「週刊新潮」2006/07/20日号>
*3 低学力・無能力の割りには威張り散らせる職業が自衛官・刑務官・警備員だといわれているが--困った男だ.全部そろっている.やはり自分からしかけている.同郷・美人なので自分のものだと思ってつきまとっていたのだろう.警備士は日勤勤務者に迷惑になるのでむやみに特に異性には、話しかけてはいけないと教えられる.男女だと世間話から親しくなることもあるからだ.
リロード   新規 編集 差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ 改名 copy   ヘルプ   最終更新のRSS